※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東海染工
本店:愛知県清須市西枇杷島町子新田1番地の2

【商号履歴】
東海染工株式会社(1956年10月2日~)
富士染絨株式会社(1950年5月8日~1956年10月2日)

【株式上場履歴】
<東証1部>1986年2月1日~
<名証1部>1986年2月1日~
<大証1部>1986年2月1日~2003年12月7日(上場廃止申請)
<東証2部>1971年2月1日~1986年1月31日(1部指定)
<大証2部>1962年11月13日~1986年1月31日(1部指定)
<名証2部>1961年10月2日~1986年1月31日(1部指定)

【合併履歴】
2000年9月 日 日本染工株式会社
1972年5月1日 都染色工芸株式会社
1961年10月 日 浜松染工株式会社
1956年10月2日 東海染工株式会社

【沿革】
当社(昭和16年3月1日設立 本店 名古屋市北区杉村町字道下2554番地、昭和26年10月愛知県西春日井郡西枇杷島町大字下小田井字子新田1番地の2へ移転)は、昭和31年10月2日 富士染絨株式会社(昭和25年5月8日設立 本店 愛知県葉栗郡木曽川町大字黒田字北五反田北ノ切80番地)に吸収合併され、同社は同日商号を東海染工株式会社に変更しました。従って、実質上の存続会社は、旧東海染工株式会社であるため、同社及びその企業集団についての沿革を以下に記述します。
昭和16年3月 名古屋市内に綿織物の染色加工を目的として東海染工株式会社を設立
昭和23年4月 枇杷島工場(現、名古屋事業所 愛知県清須市西枇杷島町)を設置。大阪営業所(大阪市東区高麗橋)を設置
昭和29年9月 富士染絨株式会社の事業を継承、当社の子会社として発足
昭和29年10月 枇杷島工場を本社工場に、大阪営業所を支店に昇格
昭和31年10月 富士染絨株式会社に吸収合併、同時に商号を東海染工株式会社に変更。旧富士染絨株式会社を木曽川工場として発足
昭和36年10月 浜松染工株式会社を吸収合併し浅田工場として発足。名古屋証券取引所市場第二部に上場
昭和37年4月 本社工場を名古屋事業所、木曽川工場を木曽川事業所、浅田工場を浜松事業所に各々改称
昭和37年11月 大阪証券取引所市場第二部に上場
昭和38年1月 東京営業所(東京都中央区日本橋)を設置
昭和38年6月 タイ国バンコク市郊外に綿織物、合繊織物の染色加工業のTOKAI DYEING CO.,(THAILAND)LTD.を合弁で設立
昭和41年5月 岐阜事業所(岐阜県羽島市)を設置
昭和46年2月 東京証券取引所市場第二部に上場
昭和47年5月 都染色工芸株式会社を吸収合併し、京都事業所として発足
昭和48年4月 本社事務所及び大阪支店を大阪国際ビル(大阪市東区安土町)に設置
昭和48年7月 米国ジョージア州に合繊織編物の捺染加工を目的としたTEXPRINT,INC.を合弁で設立(現TEXPRINT(GA.),INC.)
昭和61年2月 東京・大阪・名古屋各証券取引所市場第一部に上場
昭和63年5月 本社事務所を大名古屋ビルヂング(名古屋市中村区)に移転
平成2年9月 インドネシア共和国ジャカルタ市郊外に綿・レーヨンの捺染、無地染のT.T.I. (P.T. TOKAI TEXPRINT INDONESIA)を合弁で設立
平成7年10月 京都事業所を捺染事業集約を目的に名古屋事業所に統合
平成9年11月 木曽川事業所を無地染事業集約を目的に浜松事業所に統合
平成12年9月 日本染工株式会社を吸収合併
平成15年10月 大阪支社を淡路町ダイビル(大阪市中央区淡路町)に移転
平成15年12月 大阪証券取引所市場第一部における上場を廃止
平成18年4月 今枝染工株式会社の染色加工事業を譲受