グンゼ高分子
本店:神奈川県伊勢原市桜台三丁目17番1号

【商号履歴】
グンゼ高分子株式会社(2009年11月~)
郡是高分子工業株式会社(1965年11月~2009年11月)
高分子工業株式会社(1949年3月~1965年11月)

【株式上場履歴】
<店頭>1963年11月 日~2003年7月28日(グンゼ株式会社と株式交換)

【沿革】
昭和24年3月 熱可塑性樹脂成型品製造のため東京都品川区に資本金500千円をもって高分子工業株式会社を設立。
昭和32年11月 松下電器産業株式会社より乾電池用熱収縮性チューブの研究を依頼され、当社独自の研究、生産に入る。また我が国初の塩化ビニール樹脂によるインジェクション成型を行う。
昭和33年8月 収縮チューブの量産体制に入る。
昭和36年12月 前橋工場を前橋市岩神町に開設。
昭和37年9月 アルミサッシガラス押えの大口生産開始。
昭和38年3月 神奈川県伊勢原町に工場用地を買収する。
昭和38年10月 伊勢原工場第一期工事完成、操業開始。
昭和38年11月 東京店頭登録銘柄として株式公開する。
昭和40年11月 郡是製絲株式会社と業務提携、社名を郡是高分子工業株式会社に変更する。
昭和42年6月 伊勢原工場増築完成。本社を東京都品川区から伊勢原町に移転、本社工場とする。
昭和44年8月 資本金を156000千円に増資。
昭和45年6月 前橋工場を前橋市総社町移転新築。操業開始。
昭和46年2月 住友化学工業株式会社、聨合紙器株式会社との合弁により、日本サンプライ株式会社を設立。当社開発によるプラスチック段ボールの生産を開始。
昭和57年12月 経営合理化を実施、前橋工場ほか地方営業所三カ所を閉鎖し、希望退職者を募集。
昭和60年2月 前橋工場土地、建物を売却。
平成4年10月 合弁会社日本サンプライ株式会社に対する合弁を解消。協力会社有限会社コパロン化成増資により、当社連結子会社とする(出資比率80%)。
平成5年10月 有限会社コパロン化成100%子会社となる。
平成8年3月 中国、上海弘達実業有限公司と塩ビチューブ等の製造に関する技術援助契約を締結。
平成9年1月 中国、上海に上記会社との合弁により、上海郡是高分子材料有限公司を設立。
平成9年12月 第三者割当増資により資本金300000千円となり、グンゼ株式会社の子会社となる。
平成10年11月 ギリシャ、SPOROS・S.A.に出資。(出資比率31%)
平成12年12月 ギリシャ、SPOROS・S.A.が増資をし、出資比率15%となり関係会社を外れる。
平成13年1月 中国、上海郡是高分子材料有限公司フィルムの製造・販売を開始
平成14年7月 中国、上海張橋経済発展総公司と平版収縮フィルム等の製造に関する、合作会社設立の契約を締結。設立会社名を上海郡是新塑材有限公司とする。
平成15年3月 グンゼ株式会社との株式交換による、グンゼが郡是高分子の完全親会社となり、郡是高分子がグンゼの完全子会社になる覚書を締結する。