※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ケネディクス
本店:東京都港区新橋二丁目2番9号

【商号履歴】
ケネディクス株式会社(2005年5月1日~)
ケネディ・ウィルソン・ジャパン株式会社(1995年4月17日~2005年5月1日)

【株式上場履歴】
<東証1部>2004年12月1日~
<東証2部>2003年12月12日~2004年11月31日(1部に指定替え)
<大証ヘラクレス>2002年2月19日~2005年5月16日(上場廃止申請)

【沿革】
平成7年4月 ケネディ・ウィルソン・インクの日本における不動産事業(不動産投資アドバイザリー事業)の拠点として東京都千代田区麹町三丁目12番12号にケネディ・ウィルソン・ジャパン株式会社を設立。
平成9年10月 債権投資マネジメント事業を開始。
平成10年8月 本社を東京都港区西新橋一丁目6番15号に移転。
平成11年2月 川崎市にあるデータセンタービル投資への支援。本案件の資金調達において、国内最初の不動産ノンリコースローンをアレンジ。この物件からアセットマネジメント事業への本格参入。
平成11年10月 米国ニューヨーク市5番街ティファニービル売買のブローカレッジ。
平成12年2月 パシフィック債権回収株式会社(連結子会社)が、法務大臣から債権管理回収業の許可を取得し、本格的に債権投資及び回収を開始。
平成13年7月 大手生命保険会社との不動産投資ファンドを組成。初の国内顧客投資家からのアセットマネジメント業務を受託。
平成14年1月 本社を東京都港区新橋二丁目2番9号(現在地)に移転。
平成14年2月 大阪証券取引所ナスダックジャパン市場に株式を上場。
平成14年8月 千葉県浦安市の大型物流倉庫(延床面積9千坪)の建設及び大手商社との共同投資による賃貸マンションの開発に着手し、開発案件への取組を開始。
平成14年10月 大阪市中央区本町四丁目4番25号本町三井ビル2階に大阪営業所を設置。
平成15年8月 三井物産株式会社と業務提携契約を締結し、同社に対する第三者割当増資を実施。
平成15年11月 年金基金との不動産投資ファンドを組成し、アセットマネジメント業務を受託。
平成15年12月 当社グループにおけるアセットマネジメント受託残高1,000億円を突破。
平成15年12月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成16年10月 当社グループにおけるアセットマネジメント受託残高2,000億円を突破。
平成16年12月 東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。
平成17年5月 ケネディクス株式会社に商号変更。
平成17年5月 三井物産株式会社と中央三井信託銀行株式会社との共同事業として取組んできた、国内初の物流施設特化型J-REITである日本ロジスティクスファンド投資法人が東京証券取引所に上場。
平成17年6月 当社グループにおけるアセットマネジメント受託残高3,000億円を突破。
平成17年7月 当社の100%子会社であるケネディクス・リート・マネジメント株式会社(連結子会社)が運用するケネディクス不動産投資法人が東京証券取引所に上場。
平成18年1月 ケネディ・ウィルソン・インクの子会社で、集合住宅を投資対象とするアセットマネジメント会社であるKW Multi-Family Management Group, Ltd.に20%の資本参加。
平成18年9月 当社グループにおけるアセットマネジメント受託残高5,000億円を突破。