※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

電通
本店:東京都港区東新橋一丁目8番1号

【商号履歴】
株式会社電通(1955年7月1日~)
株式会社日本電報通信社(1906年12月27日~1955年7月1日)

【株式上場履歴】
<東証1部>2001年11月30日~

【合併履歴】
1907年8月1日 日本広告株式会社

【沿革】
明治34年7月1日 光永星郎は資本金10万円をもって日本広告株式会社を設立いたしました。なお、同年11月電報通信社を設立し通信社としての業務を開始いたしました。
明治39年12月27日 株式会社日本電報通信社を設立、同時に、旧電報通信社の事務を継承いたしました。
明治40年8月1日 株式会社日本電報通信社に日本広告株式会社を合併、同時に、資本金を26万円といたしました。
昭和11年6月1日 通信統制により、社団法人同盟通信社設立に伴い、当社通信部は、これに合併、同盟通信社の前身、聯合通信社の広告部は当社に吸収、同時に、資本金を200万円に増資、広告取扱いを主な業務とするに至りました。
昭和30年7月1日 商号を株式会社電通に変更いたしました。
昭和42年7月1日 東京都中央区築地一丁目11番10号に本店を移転いたしました。
昭和48年10月1日 資本金を11億5,200万円に増資いたしました。
昭和50年12月11日 株式会社電通国際情報サービス(現・連結子会社)を設立いたしました。
昭和56年5月22日 米国ヤング・アンド・ルビカム社と共同事業推進についての基本契約に調印いたしました。
昭和59年12月1日 資本金を23億400万円に増資いたしました。
平成3年1月1日 米国ヤング・アンド・ルビカム社と電通ヤング・アンド・ルビカム・パートナーシップを結成いたしました。
平成3年10月1日 資本金を46億800万円に増資いたしました。
平成6年12月14日 地域電通(株式会社電通東日本、株式会社電通西日本、株式会社電通九州、株式会社電通北海道〔いずれも現・連結子会社〕、株式会社電通東北〔平成15年7月1日付で株式会社電通東日本との合併により消滅〕)を設立いたしました。
平成7年7月1日 電通恒産株式会社と他の子会社2社を合併し、株式会社電通恒産サービス(現・連結子会社、平成15年4月1日付で株式会社電通ファシリティマネジメントに社名変更)を発足させました。
平成8年4月1日 株式会社電通アクティス(東京)と他の子会社3社を合併し、株式会社電通テック(現・連結子会社)を発足させました。
平成9年9月1日 資本金を55億2,960万円に増資いたしました。
平成9年9月17日 株式会社電通テックが店頭市場(現・ジャスダック証券取引所)に公開いたしました。(その後、平成18年4月1日付で親会社株式会社電通の完全子会社となることに伴い、平成18年3月28日に上場廃止となっております。)
平成9年11月28日 資本金を549億2,960万円に増資いたしました。
平成12年3月14日 米国ビーコムスリー・グループとの投資・業務提携契約に調印いたしました。
平成12年9月21日 株式会社サイバー・コミュニケーションズ(現・連結子会社)が大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場(現・ヘラクレス市場)に上場いたしました。(その後、平成15年10月14日に東京証券取引所マザーズ市場に上場し、ヘラクレス市場は平成17年6月17日に上場廃止となっております。)
平成12年11月30日 株式会社電通国際情報サービスが東京証券取引所市場第一部に上場いたしました。
平成13年11月30日 東京証券取引所市場第一部に上場いたしました。資本金を589億6,710万円に増資いたしました。
平成14年3月7日 仏ピュブリシスグループ(現・持分法適用関連会社)との戦略的提携に基本合意いたしました。
平成14年11月6日 東京都港区東新橋一丁目8番1号に本店を移転いたしました。