※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バンダイビジュアル
本店:東京都港区東新橋一丁目9番2号

【商号履歴】
バンダイビジュアル株式会社(1991年8月~)
バンダイビジュアル販売株式会社(1989年3月~1991年8月)
株式会社エィ・イー企画(1983年8月~1989年3月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2006年2月1日~2008年2月15日(株式会社バンダイナムコホールディングスと株式交換)
<東証2部>2003年12月12日~2006年1月31日(1部に指定替え)
<店頭>2001年11月28日~2003年12月11日(東証2部上場)

【合併履歴】
2009年4月1日 株式会社アニメチャンネル

【沿革】
昭和58年8月 映像パッケージソフトの販売を目的として、東京都千代田区麹町一丁目6番4号に㈱エィ・イー企画を設立。㈱バンダイが企画製作する映像パッケージソフトの販売代理店となる
昭和58年11月 ビデオカセット(VC)を発売開始
昭和58年12月 本社を東京都港区六本木五丁目11番38号に移転。世界初のオリジナルビデオアニメーション(OVA)「ダロス」をビデオカセットで発売
昭和59年6月 本社を東京都港区六本木五丁目16番3号に移転
昭和59年10月 レーザーディスク(LD)を発売開始
昭和60年5月 本社を東京都渋谷区神山町10番3号に移転
昭和63年3月 大阪府大阪市北区に関西事業部(現大阪営業所)を開設
昭和63年7月 日本で初めてのセルスルー方式(販売専用の低価格商品)ビデオカセットを発売開始
平成元年3月 バンダイビジュアル販売㈱に商号を変更。愛知県名古屋市昭和区に名古屋営業所を開設
平成2年3月 本社を東京都新宿区新宿一丁目26番6号に移転
平成3年8月 バンダイビジュアル㈱に商号を変更。本社を東京都台東区駒形二丁目4番11号に移転
平成4年10月 バンダイグループにおける映像事業の企画、製作、販売の一元化を目的として、㈱バンダイメディア事業部の営業を譲受ける
平成6年3月 本社を東京都台東区松が谷一丁目3番5号に移転
平成7年3月 マルチメディア事業に対する融資及び投資を目的とし、子会社マルチメディアファイナンス㈱を設立(平成10年11月解散)
平成8年7月 ゲームソフトの企画・製作部門の強化等を目的とし、子会社㈱ビー・ファクトリーを設立(平成12年12月に売却)
平成8年12月 TVアニメーションの企画・製作部門の強化等を目的とし、子会社㈱ビースタックを設立(平成13年2月に売却)
平成9年7月 東京都杉並区にデジタルエンジン研究所(現 荻窪スタジオ)を設置。DVDビデオを発売開始
平成13年11月 日本証券業協会に株式店頭登録(平成15年12月登録廃止)
平成15年1月 音楽事業の拡大を目的とし、㈱エモーションミュージックを子会社化
平成15年12月 東京証券取引所市場第二部に株式上場
平成16年9月 本社を東京都港区東新橋一丁目9番2号に移転
平成17年1月 海外事業の強化を目的とし、子会社BANDAI VISUAL USA INC. を設立
平成18年2月 東京証券取引所市場第一部に指定
平成18年3月 子会社㈱エモーションミュージックから㈱エモーションに商号変更
平成18年5月 音楽事業の拡大を目的とし、㈱ランティスを子会社化
平成18年7月 映像及び音楽配信やEコマース等の事業を目的とし、子会社㈱アニメチャンネルを設立