※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

近鉄グループホールディングス
本店:大阪市天王寺区上本町六丁目1番55号

【商号履歴】
近鉄グループホールディングス株式会社(2015年4月1日~)
近畿日本鉄道株式会社(1944年6月1日~2015年4月1日)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年5月16日~
<名証1部>1949年5月16日~
<大証1部>1949年5月16日~2013年7月15日(東証に統合)
<京証>1949年7月4日~2001年3月1日(取引所閉鎖)

【合併履歴】
2006年3月 日 株式会社近鉄ステーションサービス
2005年4月 日 株式会社近鉄ホテルシステムズ
2005年4月 日 近鉄名神ハイウエイ・サービス株式会社
2002年4月 日 近鉄不動産株式会社
2002年4月 日 京近土地株式会社
2002年4月 日 近鉄ビルディング株式会社
1986年4月 日 東大阪生駒電鉄株式会社
1965年4月 日 三重電気鉄道株式会社
1964年10月 日 信貴生駒電鉄株式会社
1963年10月 日 奈良電気鉄道株式会社
1944年6月1日 関西急行鉄道株式会社
1944年6月1日 南海鉄道株式会社

【沿革】
明治43年9月 奈良軌道株式会社として発足(資本金3百万円)
明治43年10月 商号を大阪電気軌道株式会社に変更
大正3年4月 大阪・奈良間の運輸営業を開始
大正13年12月 不動産業の営業を開始(東大阪土地建物株式会社を合併)
昭和4年5月 乗合自動車事業の営業を開始(春日奥山周遊乗合自動車の運輸営業を開始)
昭和11年7月 百貨店事業の営業を開始(大軌百貨店(現上本町百貨店)を開業)
昭和16年3月 参宮急行電鉄株式会社を合併し、商号を関西急行鉄道株式会社に変更
昭和18年2月 大阪鉄道株式会社を合併
昭和19年4月 株式会社大鉄百貨店を合併
昭和19年6月 南海鉄道株式会社と合併し、近畿日本鉄道株式会社を設立(資本金231百万円)
昭和20年11月 田中車輛株式会社(現近畿車輛株式会社)に資本参加
昭和22年6月 旧南海鉄道株式会社に属する事業を高野山電気鉄道株式会社(現南海電気鉄道株式会社)に譲渡
昭和24年5月 大阪証券取引所に上場
昭和24年5月 近畿車輛株式会社の株式を大阪証券取引所に上場
昭和26年3月 株式会社都ホテルに資本参加
昭和34年11月 名古屋線(伊勢中川・近鉄名古屋間)軌間拡幅工事完成(同年12月大阪・名古屋間の直通特急運転を開始)
昭和38年10月 奈良電気鉄道株式会社を合併
昭和39年10月 信貴生駒電鉄株式会社を合併
昭和40年4月 三重電気鉄道株式会社を合併
昭和44年2月 東名高速道路浜名湖サービスエリアに浜名湖レストランを開業
昭和45年1月 近鉄航空貨物株式会社(現株式会社近鉄エクスプレス)を設立
昭和47年4月 株式会社近鉄百貨店を設立
昭和47年6月 百貨店事業を株式会社近鉄百貨店に譲渡
昭和61年4月 東大阪生駒電鉄株式会社を合併
平成3年5月 株式会社志摩スペイン村を設立(現志摩スペイン村土地建物株式会社、現連結子会社)
平成10年7月 株式会社近鉄ホテルシステムズを設立
平成11年5月 近鉄バス株式会社(現連結子会社)を設立
平成12年6月 株式会社近鉄サービスネットを設立
平成14年4月 近鉄不動産株式会社、京近土地株式会社及び近鉄ビルディング株式会社を合併
平成14年4月 近鉄観光株式会社から駅構内物販事業を譲受け
平成15年3月 株式会社草津近鉄百貨店が株式会社中部近鉄百貨店を合併し、商号を株式会社中部近鉄百貨店に変更(現連結子会社)
平成15年9月 株式会社近鉄エクスプレスの株式を東京証券取引所市場第一部に上場
平成16年3月 近鉄レジャーサービス株式会社が株式会社賢島宝生苑を合併
平成16年11月 株式会社大阪バファローズがオリックス野球クラブ株式会社にプロ野球事業を譲渡
平成17年4月 株式会社近鉄ホテルシステムズ及び近鉄名神ハイウエイ・サービス株式会社を合併
平成18年3月 株式会社近鉄ステーションサービス(株式会社近鉄サービスネットが商号を変更)を合併
平成18年10月 近鉄レジャーサービス株式会社が株式会社志摩スペイン村からテーマパーク事業を譲受け(株式会社志摩スペイン村は事業譲渡後、商号を志摩スペイン村土地建物株式会社に変更)