※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オーツタイヤ
本店:大阪府泉大津市河原町9番1号

【商号履歴】
オーツタイヤ株式会社(1962年7月~2003年7月1日住友ゴム工業株式会社に合併)
大津ゴム工業株式会社(1945年8月~1962年6月)
大日本航空機タイヤ株式会社(1944年5月~1945年8月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1999年2月10日~2003年6月25日(住友ゴム工業株式会社に合併)
<大証1部>1998年6月 日~2003年6月25日(住友ゴム工業株式会社に合併)
<大証2部>1961年10月2日~1998年 月 日(1部に指定替え)

【沿革】
1944(昭和19)年5月 大日本航空機タイヤ株式会社を設立(資本金300万円)、航空機タイヤ生産。
1945(昭和20)年6月 本店を大阪市より泉大津市に移転。
1945(昭和20)年8月 民需用タイヤへの転換を決定し、社名を大津ゴム工業株式会社と改称。
1946(昭和21)年2月 自動車タイヤの生産開始。
1960(昭和35)年11月 米国ファイヤーストン社と技術提携成約(昭和36年3月政府認可)。
1961(昭和36)年10月 大阪証券取引所市場二部に上場。
1962(昭和37)年7月 社名をオーツタイヤ株式会社と改称。
1976(昭和51)年11月 宮崎県都城市にて宮崎工場操業開始。
1981(昭和56)年5月 住友ゴム工業株式会社と全面提携。
1982(昭和57)年4月 宮崎工場テストコース完成。
1983(昭和58)年10月 米国ファイヤーストン社と技術提携解消。
1988(昭和63)年3月 事業目的を追加し、大阪府泉大津市の泉大津工場にてタイヤ以外の新規事業に一部着手。
1991(平成3)年10月 株式会社宇成産業(現在の宇成タイヤ株式会社、韓国)と技術援助契約締結。
1994(平成6)年2月 北海道旭川市に冬用タイヤテストコース完成。
1995(平成7)年7月 台湾に液晶用バックライト生産の合弁会社、元津科技股份有限公司を設立。
1996(平成8)年10月 宇成タイヤ株式会社との技術援助契約解消。
1997(平成9)年2月 米国グッドイヤー社とオフテイク契約締結。
1998(平成10)年6月 大阪証券取引所の一部指定銘柄に指定。
1999(平成11)年2月 東京証券取引所市場一部に上場。
1999(平成11)年11月 医療用ゴム製品生産会社、株式会社ファルケン・メディカルを設立。
2000(平成12)年1月 液晶用バックライト生産会社、株式会社ファルケン・オプテック宮崎を設立。
2000(平成12)年11月 住友ゴム工業株式会社を割当先とする第三者割当増資を実施。