※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大トー
本店:大阪市北区中之島三丁目6番32号ダイビル

【商号履歴】
大トー株式会社(1971年9月6日~2005年10月1日株式会社日本アームに合併)
大阪陶業株式会社(1920年2月1日~1971年9月6日)

【株式上場履歴】
<大証2部>  年 月 日~2003年5月27日(関西電力株式会社と株式交換)
<大証1部>1949年5月16日~  年 月 日(2部に指定替え)

【沿革】
大正9年2月 大阪陶業株式会社を設立。
大正10年7月 佐野工場の操業開始。主として特別高圧碍子、碍管類の製造販売開始。
大正13年6月 10吋懸垂碍子の製造販売開始。
昭和10年6月 耐酸磁器の製造販売開始。
昭和18年6月 高周波絶縁体の製造販売開始。
昭和24年5月 大阪証券取引所に上場。
昭和34年4月 超高圧用懸垂碍子の製造販売開始。
昭和46年6月 商事事業部を新設、電気用機材、セメント、生コンクリート等の販売開始。
昭和46年9月 大トー株式会社に社名変更。
昭和51年3月 大トー産業株式会社を設立、生命保険代理業を開始。
昭和52年3月 防音壁の製造販売開始。
昭和53年3月 碍子洗浄装置の製造販売開始。
昭和63年3月 建設業に進出し、あわせて宝石貴金属、日用雑貨品等の販売開始。
平成2年4月 損害保険代理業ならびに発電所施設の管理等業務を開始。
平成4年4月 変電所施設および送電線の巡視業務を開始。
平成7年3月 貝塚工場の操業開始。
平成12年1月 高分子碍子の製造販売開始。