※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Mipox
本店:東京都昭島市武蔵野三丁目4番1号

【商号履歴】
Mipox株式会社(2013年8月1日~)
日本ミクロコーティング株式会社(1981年4月~2013年8月1日)
独逸顔料工業株式会社(1941年12月12日~1981年4月)

【株式上場履歴】
<東証JASDAQ>2013年7月16日~
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2013年7月15日(東証に統合)
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>2001年2月21日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
1990年10月 日 山梨ミクロコーティング株式会社

【沿革】
大正14年11月 東京都京橋区においてドイツ系商社「L.レイボルト商館」の子会社として独立し、「独逸顔料合名会社」として創立。印刷インキ、顔料、金箔等の輸入販売を開始
昭和16年12月 資本金10万円で「独逸顔料工業株式会社」として改組発足
昭和36年1月 東京都昭島市に板箔機械化を取り入れた昭島工場が完成。荻窪、山梨、金沢の各工場を集約
昭和38年9月 ポリプロピレンフィルムを使用した色巻箔の開発に成功し、本格的に生産を開始
昭和45年9月 ポリッシングフィルム開発に成功し、フィニッシングテープの名称で製造及び販売を開始
昭和56年4月 商号を日本ミクロコーティング株式会社に変更。製品ブランドを「ミポックス/MIPOX」に統一
昭和59年3月 精密ポリッシングフィルムの生産を目的とする100%子会社山梨ミクロコーティング株式会社を設立
昭和61年10月 本社を東京都昭島市へ移転
平成元年10月 ポリッシングフィルム事業に経営資源を集中させるため、箔の事業部門を帝国インキ製造㈱に営業譲渡
平成元年11月 販売体制強化のため米国カリフォルニア州にマイポックス・インターナショナル・コーポレーション(現・連結子会社)を資本金90万米ドルで設立
平成2年10月 生産体制効率化のため山梨ミクロコーティング株式会社を吸収合併し、事業所名を山梨プラントに変更
平成5年8月 液晶パネルクリーナー(ポリッシングマシーン)の販売開始
平成6年2月 シリコンウェハーエッジポリッシャー(ポリッシングマシーン)の販売開始
平成8年7月 マレーシア クアラルンプールに駐在員事務所を開設(平成16年12月閉鎖)
平成9年4月 ポリッシングリキッドの製造及び販売開始
平成9年8月 マレーシア クアラルンプールに、マイポックス・マレーシア・センドリアン・バハード(現・連結子会社)を資本金20万マレーシアリンギで設立
平成10年8月 生産体制強化のため、山梨プラント内に生産ラインを増設
平成11年11月 東京都よりエコアップ東京宣言事業所に指定される
平成12年3月 山梨地区ISO14001認証取得
平成12年4月 マイポックス・マレーシア・センドリアン・バハードの製造拠点をペナン州ペナン市に移し、生産開始
平成12年11月 昭島地区ISO14001認証取得
平成13年2月 店頭株式市場に上場(現:ジャスダック証券取引所)
平成13年8月 マイポックス・マレーシア・センドリアン・バハードにてISO9001:2000認証取得
平成13年11月 中国に、上海駐在員事務所を開設(平成16年10月閉鎖)
平成14年3月 マイポックス・インターナショナル・コーポレーションにてISO9001:2000認証取得
平成15年3月 昭島地区、山梨地区ISO9001:2000認証取得
平成15年7月 中国 上海市に、マイポックス・インターナショナル・トレーディング(上海)コーポレーション(現・連結子会社)を資本金20万米ドルで設立
平成16年9月 台湾 新竹市に、日本ミクロコーティング株式会社 台湾支店を設立
平成16年12月 マイポックス・インターナショナル・トレーディング(上海)コーポレーションを、マイポックス・プレシジョン・ポリッシング・プロダクト(上海)コーポレーションに名称変更
平成17年4月 韓国 ソウル市に、日本ミクロコーティング株式会社 韓国支店を設立
平成17年12月 中国 天津市に、マイポックス・プレシジョン・ポリッシング・プロダクト(天津)コーポレーション(現・非連結子会社)を資本金56万米ドルで設立