※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ライオン油脂

【商号履歴】
ライオン油脂株式会社(1940年9月~1980年1月1日ライオン歯磨株式会社に合併)
ライオン石鹼株式会社(1919年8月~1940年)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年5月16日~1980年1月4日(ライオン歯磨株式会社に合併)

【沿革】
明治24年10月 初代小林富次郎が神田柳原河岸の店舗(小林富次郎商店)にて、石鹼・燐寸の原料と石鹼の製造販売を開始。
明治29年7月 初めて良質粉歯磨の製造を開始し、これを「獅子印ライオン歯磨」と名づける。
明治43年12月 合資会社ライオン石鹼工場を設立。
大正8年8月 合資会社ライオン石鹼工場を改組して、ライオン石鹼株式会社を設立。
昭和11年4月 平井工場(現在の東京工場)竣工。
昭和15年9月 ライオン石鹼株式会社をライオン油脂株式会社と商号変更。
昭和16年2月 ライオン石鹼東京配給株式会社(現在のライオン商事株式会社)設立。
昭和24年5月 東京証券取引所に上場。
昭和35年11月 リード石鹼株式会社(昭和42.7ライオン販送株式会社と改称、現在のライオン流通サービス株式会社)設立。
昭和38年11月 アーマー社等と共同出資でライオン・アーマー株式会社(現在のライオン・アクゾ株式会社)設立。
昭和39年11月 川崎工場竣工。
昭和42年12月 サハ社と共同出資で泰国獅王油脂有限公司(現在の泰国獅王企業有限公司)設立。
昭和43年10月 大阪工場竣工。
昭和44年9月 九州ライオン石鹼株式会社を吸収合併(旧九州工場)。
昭和46年2月 ライオンエンヂニアリング株式会社(現在のライオンエンジニアリング株式会社)設立。
昭和46年11月 ライオン歯磨株式会社と共同で小田原に生物実験センターを完成。
昭和53年1月 ライオン歯磨株式会社と共同出資でライオン製品株式会社設立。
昭和54年5月 出光石油化学株式会社と共同出資でカルプ工業株式会社設立。
昭和54年6月 ライオン歯磨株式会社とライオン油脂株式会社が昭和55年1月に対等合併し、ライオン株式会社となる旨の合併契約書に調印。