※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヤマザキ
本店:浜松市東区有玉北町489番地の23

【商号履歴】
株式会社ヤマザキ(1972年10月~)
株式会社山﨑鉄工所(1960年9月1日~1972年10月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1990年3月26日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【沿革】
昭和21年3月 静岡県浜松市寺島町104番地に山﨑鉄工所として創業し、日本楽器製造㈱向け楽器部品の製造及び日本専売公社(現日本たばこ産業㈱)浜松工場向け専用機・治工具などの製造を開始。
昭和29年4月 事業の拡張に伴い、静岡県浜松市浅田町624番地に工場を新築移転し、二輪車用部品の製造を開始。
昭和30年7月 ヤマハ発動機㈱の設立に伴い、協力工場となる。
昭和35年9月 自動二輪車部品を製造する目的をもって、静岡県浜松市浅田町1064番地に株式会社山﨑鉄工所を設立。
昭和39年4月 事業の拡張及び企業の合理化・近代化推進のため、静岡県浜松市有玉北町489番地の23(現在地) に本社及び工場を全面的に移転し、設備の拡充及び環境の整備を実施。
昭和43年4月 省力化を目的とした工作機械の部分品(ユニット)の製造に着手し、ドリルユニットをはじめ各種マシンユニットの開発を推進するとともに、自社製品として販売を開始。
昭和43年8月 機械器具販売商社と販売業務の提携をし、本格的に各種マシンユニットの販売を開始。
昭和43年10月 営業部を新設し、営業本部を本社内に、営業所を東京に設置。また同時に、専用工作機械の製造販売を開始。
昭和44年2月 大阪府豊中市に大阪営業所を設置。
昭和44年10月 第2工場が完成し、各種マシンユニット・専用工作機械部門及び電気課を移転。
昭和47年10月 第3工場が完成し、各種マシンユニットの組立・塗装・出荷工程及び電気課を移転。
昭和47年10月 時代に即応した企業態勢の確立と事業発展のため、株式会社ヤマザキに商号変更。
昭和49年11月 鉄筋造り2階建て新社屋が完成。1階は、部品及び資材倉庫とし、2階に自動二輪車部品の組立部門及び生産管理課・技術課を移転。
昭和52年4月 専用工作機械部門専用工場として第4工場が完成。また同時に、電気課を第4工場へ移転。
昭和53年6月 埼玉県大宮市に大宮営業所を設置。
昭和54年8月 各種マシンユニット用シリンダー製作専用工場として第5工場が完成。
昭和56年8月 1階を食堂、2階を技術部、3階を会議室とする鉄筋造り3階建て新厚生棟が完成。
昭和57年5月 F・M・S対応ユニットの商品化により、370機種の省力化機器ワイドシリーズが完成。
昭和58年4月 愛知県豊田市に豊田営業所を設置。
昭和61年6月 自動二輪車部品製造部門の拡充のため、浜松市小池町に小池工場を新設。
平成2年3月 社団法人日本証券業協会の承認により、当社株式を店頭登録。
平成3年11月 道路拡巾と生産合理化を目的とした本社工場の整備が完了し、小池工場を統合閉鎖。
平成4年5月 工作機械の電装部門を強化する目的とした電子部品の研究開発を推進するとともに自社製品として販売を開始。
平成4年9月 研究開発の充実と生産能力の拡充を目的とした、ヤマザキテクニカルセンターが完成。
平成6年3月 営業活動の効率化を目的として東京営業所を大宮営業所に統合、関東営業所とし、また豊田営業所を浜松営業係に統合し中部営業係、大阪営業所を関西営業所と変更。
平成9年2月 専用工作機械の販売及びアフターサービスとメンテナンスのための営業拠点として、タイに現地法人”YAMAZAKI―IKE(THAILAND)CO.,LTD.”を設立。
平成10年4月 営業活動の効率化を目的として、関西営業所を中部営業係に統合。
平成12年2月 ホーニング部門を新設し、ホーニング工程設備の販売開始。
平成16年9月 二輪部品等の製造及び販売を目的として、ベトナムに現地法人”YAMAZAKI TECHNICAL VIETNAM CO.,LTD.”(現・連結子会社)を設立。
平成16年12月 株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場。