日本電産シンポ
本店:京都府長岡京市神足寺田1番地

【商号履歴】
日本電産シンポ株式会社(1997年10月~)
シンポ工業株式会社(?~1997年10月)
千代田工業株式会社(?~?)

【株式上場履歴】
<大証2部>1971年2月22日~2003年9月25日(日本電産株式会社と株式交換)
<名証2部>1973年5月 日~2003年8月1日(日本電産株式会社と株式交換)
<京証>1971年2月22日~2001年3月 日(取引所閉鎖)

【合併履歴】
1996年3月 日 大三工業株式会社
1970年11月 日 シンポ工業株式会社

【沿革】
昭和21年10月 シンポ工業株式会社を設立。本社京都市。
昭和30年5月 東京事務所(現東京支店)を開設。
昭和32年2月 名古屋営業所(現名古屋支店)を開設。
昭和35年7月 久世工場を新設。
昭和36年2月 広島営業所を開設。
昭和37年7月 大阪出張所(現大阪支店)および京都販売係(京都営業所)を開設。
昭和37年11月 株式を大阪証券取引所市場第二部、京都証券取引所に上場。
昭和38年5月 福岡営業所を開設。
昭和42年4月 久世工場に本社を新築し、本社・工場を統合。
昭和45年11月 株式額面を500円から50円にするため京都市左京区のシンポ工業株式会社(旧千代田工業株式会社)に吸収合併。
昭和46年4月 大宮出張所(大宮営業所)を開設。
昭和48年3月 デュッセルドルフ駐在員事務所を開設。
昭和48年4月 金沢営業所を開設。
昭和48年5月 株式を名古屋証券取引所市場第二部に上場。
昭和49年6月 シカゴにシンポアメリカコーポレーション(現米国日本電産シンポ株式会社)を設立。
昭和49年11月 サンパウロにシンポブラジルLtda.を設立。
昭和51年2月 厚木出張所(厚木営業所)を開設。
昭和51年3月 岡山出張所(岡山営業所)を開設。
昭和53年12月 仙台出張所(仙台営業所)および浜松出張所(浜松営業所)を開設。
平成2年2月 シンポブラジルLtda.の株式持分の全株を譲渡。
平成6年3月 大宮営業所を移転、北関東営業所と改称。
平成7年2月 日本電産株式会社を割当先に第三者割当増資を実施。発行価格300円、588万株。
平成7年4月 浜松営業所を移転、静岡営業所と改称。
平成7年9月 東関東営業所を移転、東京支店に統合。
平成8年1月 シンポ陶芸アカデミーを開設。
平成8年3月 大三工業株式会社を吸収合併。(180万株発行)
平成8年8月 シンポフィリピンコーポレーション(現フィリピン日本電産シンポ株式会社)を設立。
平成9年3月 株式会社リードエレクトロニクス(現日本電産リード株式会社)の議決権の過半数を取得。
平成9年10月 日本電産シンポ株式会社に商号変更。
平成9年10月 株式会社シンポセラミックス設立。
平成11年5月 京都府長岡京市に本社・工場を新設。
平成12年6月 日本電産株式会社を割当先に第三者割当増資を実施。発行価格890円、190万5000株。
平成13年4月 仙台営業所、北関東営業所、厚木営業所を東京支店へ、静岡営業所を名古屋営業所へ、京都営業所、岡山営業所を大阪支店へそれぞれ統合。
平成14年5月 日本電産シバウラ(浙江)有限公司へ生産委託開始。
平成15年1月 株式会社シンポセラミックスの事業停止。
平成15年2月 中国浙江省平湖市に駐在員事務所を開設。
平成15年4月 日本電産株式会社の完全子会社となる株式交換契約を締結。
平成15年6月 中国上海市に販売現地法人、日電産新宝(上海)国際貿易有限公司を設立。