※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コンテック
本店:大阪市西淀川区姫里三丁目9番31号

【商号履歴】
株式会社コンテック(1975年4月1日~)

【株式上場履歴】
<東証2部>2007年3月14日~

【合併履歴】
1991年4月 日 株式会社パルテック

【沿革】
当社は、マテリアル・ハンドリング・システム・メーカーである大福機工株式会社(現 株式会社ダイフク、親会社)の一事業部門としてコントロール・エンジニアリングの技術開発、市場開発を担ってきた制御システム部門が、エレクトロニクス技術を基盤として、新しい販路を開拓するインナーベンチャーとして大福機工株式会社(現 株式会社ダイフク)より分離独立したものであります。
昭和50年4月 大阪市東淀川区に、エレクトロニクス技術を基盤とした新しい制御システムの開発を目的として、株式会社コンテック(資本金5百万円)を設立。
昭和54年4月 横浜市中区に関東地区の技術拠点を開設。
昭和57年4月 大阪市西淀川区姫里に社屋・工場が完成、本社を移転。
昭和61年5月 関東地区の技術拠点及び東京営業所を統合し、東京都港区に東京事業所を設置。
昭和62年9月 当社製品の販売会社であるContec Microelectronics U.S.A. Inc.の全株式を株式会社ダイフク(親会社)より譲受。
昭和62年10月 北京康泰克電子技術有限公司を、ソフトウエアの委託開発を目的として、中国北京市に合弁設立。
平成2年9月 上海康泰克電子技術有限公司を、電子機器の開発・製造・販売を目的として、中国上海市に合弁設立。
平成3年4月 株式会社パルテックを、システムインテグレーション事業強化を目的として、吸収合併。
平成7年4月 株式会社コンテック・マイクロエレクトロニクスを、コンピューター シミュレーション用ソフトウエアの開発・販売を目的として、100%出資で本社内に設立。ISO9001認証取得。
平成7年9月 上海康泰克数字設備有限公司を、電子機器の生産委託を目的として、中国上海市に合弁設立。
平成11年1月 康泰克国際電子有限公司を、電子機器の販売を目的として、中国北京市に合弁設立。
平成12年2月 東京事業所を東京都江東区に移転。
平成12年3月 上海康泰克数字設備有限公司を当社の100%出資子会社に変更。
平成14年6月 ISO14001認証取得。
平成15年4月 北京康泰克電子技術有限公司を当社の100%出資子会社に変更。
平成15年10月 康泰克国際電子有限公司を当社の100%出資子会社に変更。
平成16年3月 上海康泰克電子技術有限公司を当社の100%出資子会社に変更。
平成16年6月 株式会社コンテック・マイクロエレクトロニクスの商号を株式会社コンテック・イーエムエスと変更。
平成16年10月 株式会社コンテック・イーエムエスは、当社の生産部門と株式会社ダイフクの電子機器生産部門を統合し、生産業務を開始。
平成17年7月 北京康泰克電子技術有限公司は、康泰克国際電子有限公司を吸収合併。
平成18年1月 台湾康泰克股份有限公司を、電子機器の生産委託を目的として、100%出資で台湾汐止市に設立。
平成18年9月 上海康泰克電子技術有限公司は、上海康泰克数字設備有限公司を吸収合併。
平成19年3月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。