※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サイレックス・テクノロジー
本店:京都府相楽郡精華町光台二丁目3番地1

【商号履歴】
サイレックス・テクノロジー株式会社(2002年4月~)
日本コンピュータ工業株式会社(1981年2月~2002年4月)
タスサービス株式会社(1973年9月17日~1981年2月)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2011年12月16日(村田機械株式会社が全部取得)
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>2003年9月12日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
1985年1月 日 株式会社日本システムウェア

【沿革】
昭和48年9月 業種別基幹系ソフトウエアの開発及び汎用コンピュータACOSによる卸小売業向情報処理サービスを提供することを目的として、東大阪市小阪本町にタスサービス株式会社を資本金200万円で設立
昭和52年6月 コンピュータ開発事業(現情報機器事業)の開始
昭和56年2月 日本コンピュータ工業株式会社に社名変更
昭和59年3月 開発から試作、量産までを一貫して行うテクニカルセンター(高井田工場)が完成
昭和59年11月 関東地区の販売代理店であったタスデック株式会社の営業権を譲り受け、当社東京支社として開設
昭和60年1月 株式会社日本システムウェアを吸収合併し、情報処理サービス事業を拡張
昭和62年2月 当社の開発、製造業務以外の周辺業務を手掛ける会社としてジェイ・シー・アイ・サービス株式会社を設立
昭和62年7月 HP-GL、PCPR201対応レーザプロッタ「LP4123」をリリース、プリンタ開発事業を開始
平成2年4月 UNIX対応外付型プリントサーバ1号機を開発
平成3年4月 本社事務所を東大阪市小阪本町(現所在地)に移転
平成3年5月 UNIX対応外付型プリントサーバ「JC-CONNECT 101」を開発、ネットワーク周辺機器事業開始
平成7年1月 米国サンノゼオフィスを開設
平成10年10月 ISO9002認証取得
平成11年5月 英国ロンドンオフィスを開設
平成11年6月 中国北京オフィスを開設
平成12年1月 指紋認証によるバイオメトリクス事業開始
平成12年5月 ロンドンオフィスをドイツに移転し、ヨーロッパ現地法人 Japan Computer Industry Europe GmbH(現連結子会社)を設立
平成12年6月 中国北京オフィスを現地法人化し、中国現地法人 北京捷希凱網絡技術有限公司(現連結子会社)を設立
平成14年1月 ISO9001/2000認証取得
平成14年3月 米国サンノゼオフィスを現地法人化し、ソルトレイクシティに米国現地法人 silex technology america, Inc.(現連結子会社)を設立
平成14年4月 サイレックス・テクノロジー株式会社(silex technology, Inc.)へ社名変更、同時にヨーロッパ現地法人をsilex technology europe GmbH、中国現地法人の北京捷希凱網絡技術有限公司の英文社名をsilex technology beijing, Inc.へ変更、米国法人と合わせ海外現地法人の社名をsilexグループとして統一
平成14年6月 当社の所有するジェイ・シー・アイ・サービス株式会社の全株式を第三者へ売却、当社の取締役兼務を解消し非子会社化する
平成15年9月 JASDAQ市場に上場
平成16年3月 ISO14001認証取得
平成16年4月 USBデバイスサーバを開発(国内ではマルチファンクションプリントサーバとして販売開始)
平成16年12月 株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成17年6月 Precise Biometrics AB社との提携関係を強化し、資本参加
平成17年9月 次世代無線通信技術「UWB」対応の無線XGAソリューション開発を発表
平成17年12月 米国現地法人silex technology america, Inc.(現連結子会社)により、米国TROY Group,Inc.ワイヤレス部門の営業を譲受ける
平成18年5月 真皮指紋認証装置「SX-Biometrics Suite with S1」を発売
平成19年3月 シリアルデバイスサーバを販売開始
平成19年5月 IPv6-Ipv4コンバータを発売。マルチキャスト・ビデオ・ディストリビューション・システムを発表