※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東洋製罐グループホールディングス
本店:東京都千代田区内幸町一丁目3番1号

【商号履歴】
東洋製罐グループホールディングス株式会社(2013年4月1日~)
東洋製罐株式会社(1941年7月29日~2013年4月1日)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年5月16日~
<大証1部>1949年5月16日~
<京証>1949年7月4日~1965年12月1日(廃止)

【合併履歴】
1941年7月29日 東洋製罐株式会社
1941年7月29日 北海製罐倉庫株式会社
1941年7月29日 日本製罐株式会社
1941年7月29日 朝鮮製罐株式会社
1941年7月29日 株式会社明光堂
1941年7月29日 広島製罐株式会社
1941年7月29日 鶴見製罐株式会社
1941年7月29日 長瀬商事株式会社

【沿革】
大正6年6月(25日) 東洋製罐株式会社創立、本社並びに大阪工場を大阪市に設置
大正8年3月 我が国最初の自動製缶設備による製缶を開始
大正9年9月 東京工場を設置
昭和8年9月 戸畑工場を設置
昭和9年4月 ぶりきの製造を目的として東洋鋼鈑株式会社設立
昭和10年7月 大阪証券取引所に株式を上場
昭和12年2月 清水工場を設置
昭和16年7月 製缶業者の大合同勧告に従い7社を合併、現東洋製罐株式会社設立
昭和18年2月 東罐化学工業株式会社(現東罐興業株式会社)設立
昭和19年6月 本社を東京都千代田区へ移転
昭和24年5月 東京証券取引所に株式を上場。東洋鋼鈑株式会社が東京・大阪証券取引所に株式を上場
昭和25年4月 東罐化学工業株式会社が東罐興業株式会社に商号変更
昭和28年1月 島田硝子株式会社(現東洋ガラス株式会社)が東洋製罐グループに参加
昭和29年10月 島田硝子株式会社が東洋硝子株式会社に商号変更
昭和33年6月 仙台工場を設置
昭和35年4月 茨木工場を設置
昭和36年8月 横浜工場を設置
昭和42年4月 川崎工場を設置
昭和42年7月 東洋硝子株式会社が東洋ガラス株式会社に商号変更
昭和46年4月 埼玉工場・高槻工場を設置
昭和47年10月 千歳工場を設置
昭和48年4月 広島工場を設置
昭和49年5月 大阪工場を泉佐野市へ移転
昭和49年9月 基山工場を設置
昭和52年4月 石岡工場を設置
昭和54年4月 久喜工場を設置
昭和55年10月 本社幸ビル新築
昭和58年1月 仙台工場を仙台市宮城野区幸町から仙台市宮城野区港へ移転
平成5年4月 豊橋工場を設置
平成12年1月 静岡工場を設置
平成12年3月 東京工場を横浜工場に統合し閉鎖
平成15年4月 戸畑工場を基山工場に統合