※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ビスケーホールディングス
本店:東京都世田谷区上野毛二丁目22番14号

【商号履歴】
株式会社ビスケーホールディングス(2003年1月~2011年9月1日株式会社ビスケーに合併)
株式会社ビスケー(1995年3月28日~2003年1月)
株式会社金子経営システム(1992年11月30日~1995年3月28日)
日世産業株式会社(1981年2月25日~1992年11月30日)

【株式上場履歴】
<大証JASDAQ>2010年4月1日~2010年8月26日(豊田通商株式会社と株式交換)
<ジャスダック>2004年12月13日~2010年4月1日(取引所閉鎖)
<店頭>1997年6月26日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)

【合併履歴】
1995年1月1日 株式会社ビスケー
1995年1月1日 株式会社ビスケープランニング

【沿革】
当社(形式上の存続会社)の前身は、昭和56年2月25日、資本金2,000千円をもって福岡県福岡市に設立された日世産業株式会社であり、平成4年11月30日に株式会社金子経営システムに、平成7年3月28日に株式会社ビスケーに商号を変更いたしました。当社は、実質上の存続会社である株式会社ビスケー(本店東京都世田谷区)の株式の額面金額を1株50,000円から1株50円に変更するため平成7年1月1日を合併期日として同社を吸収合併し、被合併会社の営業活動を全面的に継承しております。当社の実体は、被合併会社である株式会社ビスケー(現・株式会社ビスケーホールディングス)であり、以下の記述は被合併会社(実質上の存続会社)に関するものであります。
昭和60年1月 東京都渋谷区において、婦人服卸業を目的として株式会社ビスケー(資本金18,000千円)を設立。
昭和63年4月 神戸店を神戸市中央区に開設。
平成元年11月 本社ビルを東京都世田谷区に竣工し、本社移転。
平成4年7月 本社新ビルを本社隣接地に竣工。
平成5年1月 婦人服の製造を目的とするバーンズ株式会社を東京都練馬区に設立。
平成5年12月 神戸第1ビルを神戸市中央区に竣工し、神戸店を移転。
平成7年1月 株式の額面金額を変更するとともに経営効率の向上を図るため、株式会社金子経営システム(形式上の存続会社)及び株式会社ビスケープランニングと合併。
平成8年10月 小売事業を開始し、初の百貨店インショップを株式会社髙島屋の新宿店に出店。
平成8年12月 玉川第1ビルを東京都世田谷区に竣工。
平成9年6月 日本証券業協会に店頭登録。
平成9年10月 ミセスブランド「キッコミミ」を発表。
平成9年12月 玉川第2ビルを玉川第1ビル隣接地に竣工。
平成10年2月 初の直営店舗として銀座店を出店。
平成11年7月 台湾台北市に善美国際股份有限公司を設立。
平成13年5月 ミセスブランド「ブランミュー」を発表。
平成14年5月 ミセスブランド「カズエ アキホ」の企画・販売を目的として、株式会社バッソを東京都渋谷区に設立。
平成15年1月 会社分割により各事業部門を新設子会社4社に承継し、持株会社に移行。
商号を「株式会社ビスケーホールディングス」に変更。
平成15年6月 ヤング・キャリアブランドの企画・販売を目的として、株式会社デイズを東京都渋谷区に設立。
神戸第1ビル隣接地に神戸第2ビルを竣工。
平成15年7月 ミセスブランド「セットフォア」の営業譲受けを目的として、株式会社セットフォアを設立。
平成15年11月 ヤング・キャリアブランドの企画・販売を展開する株式会社ファンコレクションの株式を取得し、子会社化。
平成16年3月 ヤング・キャリアブランドの企画・販売を展開するアナディス株式会社の株式を取得し、子会社化。
平成16年4月 インポートブランドの販売を展開する株式会社ユーロモーダの株式を取得し、子会社化。
平成16年7月 ジュエリーの販売を目的として株式会社シャンテクレールジャパンを設立。
平成16年11月 株式会社ファンコレクションを存続会社、株式会社デイズを被合併会社とする子会社同士の合併を行い、商号を株式会社デイズに変更。
平成16年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成17年4月 メンズブランドの企画・販売を展開する有限会社SHINSの第三者割当増資を引受、子会社化。