太平洋セメント
本店:東京都中央区明石町8番1号

【商号履歴】
太平洋セメント株式会社(1998年10月1日~)
秩父小野田株式会社(1994年10月1日~1998年10月1日)
小野田セメント株式会社(1951年11月~1994年10月1日)
小野田セメント製造株式会社(1893年11月~1951年11月)
有限責任小野田セメント製造株式会社(1891年10月~1893年11月)
セメント製造会社(1881年5月3日~1891年10月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1949年5月16日~
<大証1部>1949年5月16日~2003年8月10日(上場廃止申請)
<福証>  年 月 日~1952年2月25日(上場再審査)

【合併履歴】
1998年10月1日 日本セメント株式会社
1994年10月1日 秩父セメント株式会社
1942年4月 日 東北セメント株式会社
1938年7月 日 大分セメント株式会社
1938年7月 日 太平セメント株式会社
1929年3月 日 中央セメント株式会社
1925年1月 日 愛知セメント株式会社

【沿革】
1881年5月3日 笠井順八によりセメント製造会社設立。
1883年3月 本社工場(後の小野田工場、現在の小野田事務所)を新設。
1891年10月 有限責任小野田セメント製造株式会社に改組。
1893年11月 小野田セメント製造株式会社に改組。
1915年7月 合併により現上磯工場取得
1925年1月 愛知セメント株式会社を合併、愛知支社工場発足。
1929年3月 中央セメント株式会社を合併、八幡工場を移管。
1931年10月 阿哲工場(後の新見工場)を新設。
1932年12月 藤原工場を新設。
1938年7月 大分セメント株式会社を合併、津久見工場(現・大分工場津久見プラント)、徳浦工場、由良工場を移管。太平セメント株式会社を合併、太平工場を移管。
1939年2月 愛知支社工場閉鎖(施設は恒見工場に転用)。
1939年10月 合併により佐伯工場(現 大分工場)取得
1939年12月 徳浦工場閉鎖。
1940年5月 合併により現土佐工場取得
1942年4月 東北セメント株式会社を合併、大船渡工場を移管。
1943年6月 由良工場閉鎖、恒見工場(後の北九州第一工場→北九州小野田セメント門司工場)を新設。
1943年7月 東洋産業株式会社田原工場を買収。
1944年4月 本社工場を小野田工場に改称。
1944年7月 日本石綿盤株式会社彦根工場を買収。
1945年10月 津久見工場を大分第一工場に、太平工場を大分第二工場に改称。
1947年10月 彦根工場を野沢石綿興業株式会社に返却。
1949年5月 株式上場
1949年8月 大分第一工場を津久見第一工場に、大分第二工場を津久見第二工場に改称。
1951年4月 東海運株式会社に資本参加
1951年11月 小野田セメント株式会社に商号変更。
1955年4月 埼玉工場完成
1955年9月 小野田化学工業株式会社を設立。
1962年7月 熊谷工場完成
1965年7月 阿哲工場を新見工場に改称。
1972年2月 明星セメント株式会社の全株式取得
1976年4月 恒見工場を北九州第一工場に、八幡工場を北九州第二工場に改称。
1979年7月 新見工場閉鎖。
1981年2月 北九州第二工場閉鎖。北九州第一工場を北九州工場に改称。
1984年9月 セメント共同販売会社の中央セメント株式会社を設立。小野田セメント・新日鐵化学・東洋曹達・三井鉱山・日立セメントが参加。
1985年7月 小野田工場でのセメント製造を終了、小野田事務所に改称。
1987年6月 三河小野田セメント株式会社、北九州小野田セメント株式会社を設立、前者に田原工場を、後者に北九州工場を譲渡。
1989年7月 中国に大連華能-小野田水泥有限公司(現 大連小野田水泥有限公司)を設立
1990年10月 米国のカリフォルニア・ポルトランド・セメント株式会社を買収
1991年7月30日 中央セメント解散。
1993年3月 中国に江南-小野田水泥有限公司を設立
1994年10月1日 小野田セメント株式会社が秩父セメント株式会社を合併、秩父小野田株式会社に商号変更。本社を東京都港区西新橋に定める
1995年3月 中国に秦皇島浅野水泥有限公司を設立
1995年4月 ベトナムにギソンセメントコーポレーションを設立
1996年4月 北九州小野田セメント門司工場操業停止。
1996年6月 秩父第一工場閉鎖。
1997年4月 三河小野田セメント田原工場閉鎖。
1998年10月1日 秩父小野田株式会社が日本セメント株式会社を合併、太平洋セメント株式会社に商号変更。本社を東京都千代田区西神田に定める
2000年7月 小野田エー・エル・シー株式会社は、日本イトン工業株式会社及び日本シポレックス工業株式会社から営業を譲り受け、クリオン株式会社となる
2000年10月 株式会社アスク浅野スレート株式会社が合併し、株式会社エーアンドエーマテリアルとなる
2000年10月 雙龍洋灰工業株式会社に資本参加
2000年12月29日 秩父工場・香春工場をそれぞれ秩父太平洋セメント株式会社・香春太平洋セメント株式会社に譲渡。
2003年3月 子会社の三河小野田セメント、北九州小野田セメント解散。
2003年5月 本社を東京都中央区明石町に移転する
2003年10月 第一セメント株式会社と中央商事株式会社が合併し、株式会社デイ・シイとなる
2004年3月 香春太平洋セメント解散、同社香春工場閉鎖。
2004年4月 社内カンパニー制導入。
2005年10月 津久見工場と佐伯工場を大分工場として統合。
2006年3月 株式会社日本セラテックが東京証券取引所市場第二部から市場第一部へ指定替
2006年3月 東海運株式会社が東京証券取引所市場第二部へ上場
2007年3月 東海運株式会社が東京証券取引所市場第二部から市場第一部へ指定替
2007年4月 パシフィックシステム株式会社がジャスダック証券取引所へ上場