※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新日本理化
本店:京都市伏見区葭島矢倉町13番地

【商号履歴】
新日本理化株式会社(1967年3月~)
酸水素油脂工業株式会社(1948年11月~1967年3月)
鐘淵油脂工業株式会社(1943年5月~1948年11月)
大阪酸水素株式会社(1919年11月10日~1943年5月)

【株式上場履歴】
<東証1部>2013年7月16日~
<大証1部>1990年9月 日~2013年7月15日(東証に統合)
<大証2部>  年 月 日~1990年 月 日(1部指定)
<大証1部>1949年9月7日~  年 月 日(2部に指定替え)
<京証>  年 月 日~  年 月 日(廃止)
<東証1部>1949年8月22日~1955年2月21日(売買高僅少)

【沿革】
大正8年11月 大阪酸水素株式会社設立。本店を大阪市、工場を京都市(現京都工場)に置き、水の電気分解による酸素・水素の製造開始。
大正11年12月 魚油硬化油の製造開始。
昭和17年10月 東京営業所を開設。
昭和18年5月 社名を鐘淵油脂工業株式会社と改称。
昭和23年11月 社名を酸水素油脂工業株式会社と改称。
昭和24年9月 大阪証券取引所に株式上場。
昭和31年1月 本店を京都市(現京都工場)に移し、大阪市に大阪営業所を開設。
昭和38年6月 徳島市に徳島工場を建設。
昭和39年4月 川崎市に川崎工場を建設。
昭和41年10月 100%出資の化学品販売子会社アルベス㈱(現・連結子会社)を設立。
昭和42年3月 社名を新日本理化株式会社と改称。
昭和43年1月 京都工場内に研究所建設。
昭和47年9月 日産化学工業㈱と合弁で可塑剤製造を目的とする日新理化㈱(現・連結子会社)を設立。
昭和54年2月 日本油脂㈱、旭電化工業㈱との合弁で脂肪酸製造を目的とする千葉脂肪酸㈱を設立。
昭和55年5月 米国ハーキュレスInc.との合弁で、ロジンの製造販売を目的とする理化ハーキュレス㈱を設立。
平成元年3月 大阪営業所を大阪本社に、東京営業所を東京支社に改称。
平成元年3月 決算期日を11月30日から3月31日に変更。
平成2年1月 台湾に耐斯企業股份有限公司、琦昌化学股份有限公司との共同出資により界面活性剤製造販売会社「台湾新日化股份有限公司」(現・持分法適用関連会社)を設立。
平成2年1月 ヘンケルオレオケミカルズSdn.Bhd.、ラッキーLtd.との共同出資により、マレーシアに高級アルコール製造会社「ヘンケルリカSdn.Bhd.」(現・持分法適用関連会社コグニスリカSdn.Bhd.)を設立。
平成2年9月 大阪証券取引所市場第二部より市場第一部に指定替。
平成9年5月 イギリスに100%出資の樹脂添加剤販売子会社「RiKA INTERNATIONAL LTD.」を設立。
平成10年2月 韓国 SK CHEMICALS INC.、三菱商事㈱との合弁で、ポリエステル樹脂原料製造会社「SK NJC CO.,LTD.」(現・持分法適用関連会社)を韓国に設立。
平成11年7月 理化ハーキュレス㈱を100%子会社とし、㈱理化ファインテク(現・連結子会社)に社名変更。
平成13年1月 静岡県大東町に静岡工場を建設。
平成16年6月 千葉県市原市に千葉工場を新設。
平成16年7月 大阪府堺市に堺工場を新設。
平成17年12月 静岡工場を閉鎖。界面活性剤の生産を千葉工場に集約化。