※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本店:東京都千代田区丸の内二丁目4番1号

【商号履歴】
中外鉱業株式会社(1936年4月~)
持越鉱業株式会社(1935年4月~1936年4月)
持越鉱山株式会社(1932年5月9日~1935年4月)

【株式上場履歴】
<東証2部>1969年11月1日~
<大証2部>1969年11月1日~2013年7月15日(東証に統合)
<東証1部>1949年5月16日~1969年10月31日(2部に指定替え)
<大証1部>1951年10月8日~1969年10月31日(2部に指定替え)
<新証>1957年2月 日~2000年3月1日(取引所閉鎖)
<札証>  年 月 日~1966年3月1日(廃止)

【筆頭株主】
株式会社フェンテ

【連結子会社】
株式会社インテックス 1988年8月22日 HP 東京都千代田区 99.72%

【合併履歴】
1936年4月 日 八雲鉱業株式会社
1936年4月 日 橋洞金山株式会社
1936年4月 日 中外硫黄株式会社

【沿革】
昭和7年5月 金鉱山の開発を目的として持越鉱山株式会社を創立(資本金150万円)
昭和7年7月 清越鉱山買収
昭和10年4月 持越鉱業株式会社に商号変更。
昭和11年4月 八雲鉱業株式会社、橋洞金山株式会社、中外硫黄株式会社を合併、中外鉱業株式会社に商号変更
昭和20年8月 終戦により在外資産喪失
昭和24年5月 東京証券取引所に上場
昭和26年10月 大阪証券取引所に上場
昭和32年2月 新潟証券取引所に上場
昭和48年5月 持越鉱業所に金銀回収設備を設置、精金事業を開始
昭和53年1月 伊豆大島近海地震により、持越鉱業所鉱さい堆積場の一部決壊、鉱さいの狩野川流出事故により、同年4月末まで同所の操業全面停止
昭和54年7月 都茂鉱業所を分離、都茂鉱業株式会社(昭和54年6月1日設立)の経営となる
昭和57年11月 清越鉱山合理化実施
昭和60年4月 上国鉱業所合理化実施
昭和61年5月 上国鉱業所の休山
昭和62年5月 清越鉱山の休山
昭和62年6月 都茂鉱業株式会社の操業休止
昭和62年11月 不動産業、金めっき加工業に進出
平成元年3月 持越工場の焼成設備、アルカリ回収設備完成
平成3年1月 山梨県に甲府分析センターを開設
平成7年1月 中外化学株式会社を設立、写真廃液処理事業に進出(現非連結子会社)
平成8年3月 ㈱インテックスの株式取得(現連結子会社)
平成9年10月 ㈱インテックスは東洋機工㈱(足立区所在)と合併し機械事業に進出
平成11年7月 愛知県に名古屋営業所を開設
平成11年7月 IRセンターを開設
平成12年4月 日本スパイダー・システムズ株式会社の株式取得
平成12年10月 ガバキング株式会社の株式取得
平成12年11月 株式会社リムテックの株式取得
平成12年11月 中外キャピタル株式会社の株式取得(現非連結子会社)
平成13年1月 米国Katsina Optics,Incの株式取得
平成13年10月 日本スパイダー・システムズ株式会社及びガバキング株式会社並びに株式会社リムテックの全株式を売却し、子会社でなくなりました。
平成14年2月 中外キャピタル株式会社は株式会社ベンチャーサポート・キャピタルに商号変更いたしました。
平成15年3月 投資事業をセグメントに区分いたしました。 
平成15年4月 米国Katsina Optics,Incは事業を休止いたしました。
平成15年8月 10株を1株に併合する株式併合を実施いたしました。
株式併合に伴い、1単元の株式の数を1,000株から100株に変更いたしました。
平成16年4月 健康事業に進出いたしました。
平成17年8月 東京都大田区に溶媒抽出法による金の生産設備を有する東京工場を新設いたしました。
平成18年3月 健康事業部を廃止いたしました。
平成19年9月 投資事業から撤退いたしました。
平成19年11月 株式会社ベンチャーサポート・キャピタルは株式会社キャリアメイトに商号変更いたしました。
平成20年12月 中外化学株式会社の全株式を売却し、子会社でなくなりました。
添付ファイル