※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダイヘン
本店:大阪市淀川区田川二丁目1番11号

【商号履歴】
株式会社ダイヘン(1985年12月~)
大阪変圧器株式会社(1919年12月1日~1985年12月)

【株式上場履歴】
<東証1部>1961年10月2日~
<大証1部>1953年11月4日~
<福証>1960年9月 日~

【合併履歴】
1965年5月 日 株式会社関電兼平製作所

【沿革】
大正8年12月 大阪市大淀区(現北区)中津南通2丁目に大阪変圧器㈱を設立、柱上用変圧器の専門多量生産を開始
昭和5年7月 工場を現在地に移転
昭和9年3月 電気溶接機の生産開始
昭和13年8月 電気工商㈱設立(ダイヘン産機販売㈱に商号変更)
昭和19年4月 本社を現在地に移転
昭和21年10月 大阪無線商事㈱設立(現・連結子会社ダイヘン電設機器㈱)
昭和26年6月 大阪ヒューズ㈱設立(現・連結子会社)
昭和28年11月 大阪証券取引所に株式上場
昭和34年10月 九州変圧器㈱設立(現・連結子会社㈱キューヘン)
昭和35年9月 福岡証券取引所に株式上場
昭和36年7月 溶接機工場(大阪府摂津市)完成
昭和36年10月 東京証券取引所に株式上場
昭和40年3月 大東電機㈱設立(現・連結子会社ダイヘン電設機器㈱)
昭和40年5月 ㈱ダイヘン厚生事業団設立(現・非連結子会社)。㈱関電兼平製作所と合併
昭和42年12月 千歳工場完成
昭和45年3月 鳥取ダイヘン㈱設立(現・連結子会社ダイヘン産業機器㈱)
昭和48年11月 三重工場完成、超高圧大容量変圧器の生産開始
昭和48年12月 ㈱石塚製作所設立(現・連結子会社ダイホク工業㈱)
昭和49年12月 ダイヘンスタッド㈱設立(現・連結子会社)
昭和50年11月 ダイヘンエンジニアリング㈱設立(現・連結子会社)
昭和54年3月 米国にDAIHEN,Inc.設立(現・連結子会社)
昭和55年5月 アーク溶接用コンピューターロボット生産開始
昭和55年7月 ㈱ダイキ設立(現・連結子会社)
昭和58年8月 京都ダイヘン㈱設立(現・連結子会社ダイヘン電設機器㈱)
昭和58年10月 ドイツにDAIHEN EUROPE GmbH設立(現・連結子会社OTC DAIHEN EUROPE GmbH)
昭和59年8月 大分ダイヘン㈱設立(現・連結子会社ダイヘンテック㈱)
昭和60年12月 大阪変圧器㈱から株式会社ダイヘンに商号変更
昭和61年7月 決算期を4月30日から3月31日に変更
平成元年4月 タイにDAIHEN(THAILAND)Co.,Ltd.設立(現・連結子会社OTC DAIHEN Asia Co.,Ltd.)
平成元年8月 タイにEKARAT-DAIHEN TRANSFORMER Co.,Ltd.を現地法人との合弁により設立
平成6年8月 ㈱ダイヘンテクノス東日本、㈱ダイヘンテクノス西日本を設立(現・連結子会社㈱ダイヘンテクノス)
平成8年5月 米国にDAIHEN Advanced Component,Inc.設立(現・連結子会社)
平成9年11月 ダイヘン電機システム㈱設立(現・連結子会社)。中国に牡丹江OTC溶接機有限会社設立(現・連結子会社)
平成10年4月 台湾OTC有限会社設立(現・連結子会社)
平成10年4月 EKARAT-DAIHEN TRANSFORMER Co.,Ltd.についての合弁を解消して買収しDAIHEN ELECTRIC Co.,Ltd.に商号変更(現・連結子会社)
平成10年11月 大阪電気㈱を買収(現・連結子会社ダイヘン産業機器㈱)
平成11年3月 ダイヘンビジネスサービス㈱設立(現・連結子会社)
平成13年2月 ダイヘン物流㈱設立(現・連結子会社)
平成13年4月 京都ダイヘン㈱が東京ダイヘン㈱及びヘルメス電機㈱を吸収合併し、ダイヘン電設機器㈱に商号変更(現・連結子会社)
平成13年8月 中国にOTC機電(上海)有限会社設立(現・連結子会社)
平成14年2月 韓国にDAIHEN KOREA Co.,Ltd.設立(現・非連結子会社)
平成14年9月 ダイヘン溶接メカトロシステム㈱設立(現・連結子会社)
平成14年10月 大阪電気㈱が鳥取ダイヘン㈱を吸収合併し、ダイヘン産業機器㈱に商号変更(現・連結子会社)
平成15年4月 ㈱ダイヘンテクノス西日本が㈱ダイヘンテクノス東日本を吸収合併し、㈱ダイヘンテクノスに商号変更(現・連結子会社)
平成15年4月 中国にOTC機電(青島)有限会社設立(現・連結子会社)
平成16年6月 ダイヘン産機販売㈱を解散(平成17年2月清算結了)し、ダイヘン溶接メカトロシステム㈱へ販売業務を全面統合
平成18年10月 中国にダイヘンOTC機電(北京)有限会社設立(現・非連結子会社)