※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

北越東洋ファイバー
本店:静岡県沼津市大塚888番地

【商号履歴】
北越東洋ファイバー株式会社(2014年3月1日~)
東洋ファイバー株式会社(1934年3月3日~2014年3月1日)

【株式上場履歴】
<東証2部>1961年10月2日~1978年7月1日(資本の額不足)

【合併履歴】
1987年9月 日 東洋ファイバー製紙株式会社
1934年3月3日 帝国堅紙株式会社
1934年3月3日 株式会社日沙商会

【沿革】
昭和9年3月 東京に工場を持つ帝国堅紙株式会社と神戸に工場を持つ株式会社日沙商会と合併し、東洋ファイバー株式会社を創立。
昭和26年10月 紡績用ケンス専門工場として伊丹工場を設立。
昭和28年9月 子会社日本特殊製紙株式会社を設立。
昭和42年9月 東京工場を閉鎖し、沼津工場を建設。
昭和43年6月 伊丹工場を閉鎖し、沼津工場へ設備を吸収。
昭和48年5月 沼津工場に連続式ファイバー製造設備を増設。
昭和53年5月 本社を東京都千代田区より静岡県沼津市に移転。
昭和57年6月 子会社日本特殊製紙株式会社を清算し、東洋ファイバー製紙株式会社を設立。
昭和62年9月 東洋ファイバー製紙株式会社を吸収合併。
平成1年7月 子会社、株式会社トーヨーコーポレーション(現・連結子会社)を設立。
平成3年9月 沼津工場に無人化ボイラーを建設。
平成4年9月 子会社ファイバー物流株式会社を設立。
平成5年3月 子会社Toyo Fibre(USA)Inc.(現・連結子会社)を米国に設立。
平成6年9月 富士工場3号抄紙機の改造及び原料調成設備の新設。
平成10年12月 沼津工場3・4号機を撤去し、原紙・製品倉庫新設。
平成14年3月 ISO9001:2000認証取得。適用範囲は、バルカナイズドファイバー製品の設計開発・製造・加工・販売。対象事業所は、東洋ファイバー株式会社本社・沼津工場・大阪営業所および株式会社トーヨーコーポレーション。
平成18年2月 子会社ファイバー物流株式会社を清算。