※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SEIオプティフロンティア
本店:東京都豊島区南池袋二丁目30番11号

【商号履歴】
SEIオプティフロンティア株式会社(2010年7月1日~)
トヨクニ電線株式会社(1986年10月~2010年7月1日)
豊国佐々木電線株式会社(1973年4月2日~1986年10月)
佐々木電線製造株式会社(1952年5月~1973年4月2日)
株式会社佐々木工業所(1939年12月23日~1952年5月)

【株式上場履歴】
<ジャスダック>2004年12月13日~2008年3月12日(住友電気工業株式会社が全部取得)
<店頭>1974年3月25日~2004年12月12日(店頭登録制度廃止)
<東証2部>1961年10月2日~1973年5月1日(資本の額不足)

【合併履歴】
1973年4月 日 豊国電線株式会社

【沿革】
昭和14年12月 株式会社佐々木工業所を現在の東京都港区に設立。
昭和27年5月 佐々木電線製造株式会社に商号変更。
昭和37年5月 現在の埼玉工場の地に新工場を建設し移転。
昭和48年4月 豊国電線株式会社と合併、豊国佐々木電線株式会社に商号変更。
昭和48年9月 通信ケーブル工場増設。
昭和49年3月 社団法人日本証券業協会に店頭登録銘柄として登録。
昭和49年12月 連続加硫機を増設、電力ケーブルの増産態勢を強化。
昭和50年1月 トヨブランチケーブル量産化。
昭和53年12月 トヨユニットケーブル生産開始。
昭和54年11月 トヨフラットケーブル生産開始。
昭和57年3月 トヨブランチケーブル工場新設。
昭和58年4月 OA、FA用インターフェイス加工線量産化。
昭和58年6月 豊国佐々木電線エンジニアリング株式会社(現ティ・エス・イー株式会社)を設立。
昭和59年7月 住友電気工業株式会社と共同研究により光ファイバケーブルを開発。
昭和61年7月 通信ケーブル工場拡張、機内配線ケーブル生産増強。
昭和61年10月 トヨクニ電線株式会社に商号変更。
平成元年4月 資本金661,605千円に増資。
平成元年10月 情報通信関連加工工場新設。
平成元年12月 埼玉トヨクニ機電株式会社(現埼玉トヨクニ株式会社)を設立。
平成2年6月 山梨工場新設。
平成2年6月 山梨トヨクニ機電株式会社(現山梨トヨクニ株式会社)を設立。
平成2年7月 株式会社ティ・ケー・ケー(現連結子会社)を設立。
平成3年7月 山梨工場で光加工開始。
平成3年8月 東北トヨクニ機電株式会社(現東北トヨクニ株式会社)を設立。
平成6年4月 株式会社ティ・アンド・ディ(現連結子会社)を設立。
平成7年1月 日本電信電話株式会社へ局内光ケーブル納入開始。
平成8年7月 トヨクニ・エンジニアリングサービス株式会社(現連結子会社)を設立。
平成9年8月 関西トヨクニ機電株式会社(現関西トヨクニ株式会社)を設立。
平成11年3月 光ファイバカプラ生産開始。
平成11年6月 環境保全に配慮したエコケーブルの生産開始。
平成13年3月 情報通信関連加工第2工場新設。
平成13年9月 秩父トヨクニ株式会社を設立。
平成14年1月 四国トヨクニ株式会社を設立。
平成14年12月 電力ケーブル事業撤退、情報通信光ケーブル事業にシフト。
平成16年12月 株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場。
平成19年1月 関西トヨクニ株式会社は、四国トヨクニ株式会社を吸収合併。