※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日立電線

【商号履歴】
日立電線株式会社(1956年4月10日~1967年7月日立電線株式会社に合併)

【株式上場履歴】
<東証1部>1962年2月1日~1967年6月24日(日立電線株式会社に合併)
<大証1部>1962年2月1日~1967年6月24日(日立電線株式会社に合併)
<東証2部>1961年10月2日~1962年1月31日(1部指定)
<大証2部>1961年10月2日~1962年1月31日(1部指定)

【沿革】
大正7年1月 ㈱日立製作所日立工場(現在の山手工場)内に電線工場を新設、電線及び伸銅品の生産を開始
大正13年12月 工場を電線工場の現在地へ移転、以後逐次製造品目を拡大
昭和22年9月 日立工場より分離し、独立事業所となり日立電線工場(現在の当社電線工場)として発足
昭和31年4月 日立電線株式会社設立
昭和31年10月 ㈱日立製作所より電線事業に関する一切の営業の譲渡を受け、営業開始
昭和32年9月 日高工場の建設に着手
昭和36年10月 東京・大阪両証券取引所市場第二部に株式を上場 京三電線㈱及び花島電線㈱が東京証券取引所市場第二部に上場
昭和37年2月 東京・大阪両証券取引所市場第二部より市場第一部に指定替え
昭和37年10月 土浦工場の建設に着手
昭和40年4月 豊浦工場の建設に着手
昭和42年7月 株式の額面金額変更のため合併