※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ショスタコーヴィチの韜晦

ショスタコーヴィチの誕生日に寄せて

今年がモーツァルトの生誕250年だということはよく知られているが,今世紀最大の作曲家ショスタコーヴィチの生誕100周年でもあるということはあまり知られていない。こちらの方が数字としてはピッタリなのに,いまいち盛り上がらないのは何故か。納得がいかない。
なぜだろう。
5月の音楽祭ではモーツァルトの着ぐるみが飛び跳ねていたが,ショスタコーヴィチのあの顔の着ぐるみなど想像することもできない。
それを考えると人気の差も分かる気がするが,しかしその人気の差は知名度や,明るさと暗さだけが原因なのだろうか。

ドミトリ・ショスタコーヴィチ(1906-1975)は100年前の9月25日にサンクトペテルブルクに生まれた。その人生はソ連とともに歩んだ人生だった。
それ故,ショスタコーヴィチの音楽にはソ連の歴史がつきまとってくる。それはどうやっても拭いさることができない。

【つづく】
  

屑屋(管理人)

得意分野:エログロナンセンス
一言:トカトントンがきこえてくるよ。

狗蔵(居候)

得意分野:擬似社会学
一言:○○即仏道って便利な言葉ですよね。

menocchio

得意分野:カーニヴァル
一言:いまは一刻も早い燈籠大臣のお出ましを願うのみ。

カメ(首伸ばし)

得意分野:有職故実
一言:ラッキーと混沌が好きです

お問い合わせは
管理人・屑屋まで
shintenoh@excite.co.jp
(@を半角で)