※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パスカバー


パスカバーをするときは、できるだけレシーバーとQBの両方が見えるようにする。(バックペダル)。

バックペダルのときは、体を起こさないように、むしろ前かがみで膝から下をメインで動かして下がる。これは、すばやくどの向きでも動ける状態をキープしつづけることが重要だからである。体を起こしてしまうと、フックなどされたときに全くついていけない。

まずレシーバーとの最初の勝負は、バックペダルのままどこまでついていけるかである。

このときボールが投げられたら、レシーバーとボールの間に入り込んでボールを取るのが理想。
しかし、慣れない間はボールの到達距離を読みきれずに、間に入ろうとして間に入ったものの、ボールに触れずに頭を越されてそのままタッチダウン、ということも多い。
そういうときは、まずボールではなく、レシーバーによることを優先して、ボールが来た最後の瞬間に手を出してカットするのをめざすと良い。これはQBが見えていないときもそうするしかない。

長くなったので、一回終わり。