※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

パスカバーその2


パスカバーをするときは、バックペダルのままどこまでついていけるか、が最初の勝負である、と説明した。

しかし、レシーバーは前に走っているのに、自分は後ろ向きに走っているのだから、どこまでもついていけるわけではない。
そのため、どこかで振り返ってレシーバーと併走する形になる必要ができる。そのとき、できるだけ隙が少なくなるようにしなくてはならない。逆にレシーバーにとっては、その瞬間が狙い目となる。

例えば、振り返る動作の瞬間に、逆にカットを切られたら、大きく間を開けられてしまうので、右からでも左からでもその瞬間に応じた方向で裏返ることができなくてはならない。

振り返って併走になったら、まずはレシーバーに離されないことが第一目標。併走しているだけでプレッシャーを与えられる。
第2にボールが来たときに手を出す。これは周りから、ボールが行った瞬間に”ボール!”という声をかけて、助けてあげることが必要。ただし、JTFA関東では、ボールを見ずにタイミングだけで手を出すプレーは、やめようという流れになっている。

さらに余裕があれば、QBをちらちらと振りかえってレシーバーと両方見る。QBを見る瞬間はレシーバーから目を離すことになるので、その瞬間に方向を変えられたら負ける。QBを見るタイミングは経験でつかみましょう。