※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ランニングバックから、ワイドレシーバー?にすれ違いざまにボールを手渡しして方向を大きく変えるランプレー

  1. ランニングバックがボールを持って、たとえば右のオープンのラン(外側を駆け上がるようなラン)を走る。
  2. もともとそちら側にいた右ワイドレシーバー?が、パスコースに出ずに、スクリメージ?の手前を反対側(左)に向かって走る。
  3. 二人がすれ違うときにボールを手渡しする。
  4. ディフェンスが右のランだと思って寄っていると、大きくゲインで切る。

注意点:
すれ違う速さは二人の走力の和なので、思いもよらず勢いがあります。
  • すれ違う順序(どちらが前?)を必ず確認しておくこと。正面衝突をして重大事故が起こった事例があります。
  • 手渡しするときに、ひっかからないように気をつけ、フォロースルーをしっかりすること。手が抜けます。
  • ランニングバックワイドレシーバー?ともに、ボールだけでなく、全体を見ながらやること。ディフェンスが詰めて来ていて、ボールをもっらったら目の前にいるかもしれない。(私は突っ込んでこられたことがあります)

派手なプレーなので、ついつい安易に使いたくなりますが、危険も大きいので、しっかり練習して問題がないことを確認してから使うこと。