ステージシナリオ > 官渡前哨戦

難易度 目標 日数 担当勢力 敵勢力
現在出陣中の部隊のみで半年以内に顔良隊、文醜隊を壊滅させる
濮陽が陥落するか、関羽隊が壊滅したら敗北
180日 曹操 袁紹


基本方針

  • 太鼓台を設置して城の前で待っていれば顔良・文醜はいち早く来るので、混乱させて全員で叩く。
    • 敵の数は多いが、顔良・文醜だけを倒せばよい上に、こちらには関羽もいるのでそんなに苦労しないはず。
    • 地形に気を配ろう。砂地では関羽の槍兵戦法ができないし、湿地・森では敵の騎兵戦法を受けない。

初級者のための追加説明

■攻略のテーマ「乱突を使おう」■
計略で顔良文醜を撹乱しようとしても、ビミョーな成功率で上手くいかない。
確実に撹乱する方法は、関羽の乱突(混乱の追加効果がある槍兵戦法)。
特技「神将」のおかげで、確実に追加効果を発生させることができる。
張遼と徐晃は関羽と仲が良いので、乱突のついでに稀に親愛の援護攻撃も出る。
太鼓台の傍で包囲できたら、一斉攻撃で壊滅させよう。

他の敵後方部隊は途中にある開発地を壊すのに夢中なので、顔良との対決の時は安心して専念できる。
さすがに文醜との対決時には敵後方部隊が火球を放ちながら殺到してくるが、気にしない。

ところで、東の開発地と濮陽の間の茶色い地面の地形は実は砂地で、ココで関羽が待ち構えていても槍兵戦法が使えないので注意。
関羽を配置するなら、南北のどちらかの砂地でない地形に。北が湿地で南が森なので、敵の騎兵戦法も封じてくれる。


PS2PK攻略チャート

顔良と文醜を待ち構える際は、こちらの部隊配置に注意しないと北端か南端に逃げられるので注意が必要です。
下のチャートでは顔文どちらも真ん中に突っ込んで来ますので、簡単に袋叩きにできます。
位置が異なるとチャート通りにいかないので、開始と同時にR3押し込みで画面をデフォ固定してください。
必ず順番通りに行動させ、未行動ユニットは動かさないでください。

  • 1ターン目
1.宋憲 関羽の北に移動し、北に太鼓台建設
2.関羽 その場で南に軍楽台建設
3.張遼 北東に1マス移動し、太鼓台補修
4.徐晃 関羽の南西に移動し、軍楽台補修(完成)
5.曹休 張遼の北に移動し、太鼓台補修(完成)

  • 2ターン目
1.宋憲 一番西まで移動(1マスしかないのでわかるはず)
2.張遼 曹休の北に移動
3.曹休 張遼の南西に移動
4.関羽 徐晃の南に移動
5.徐晃 関羽の北西に移動

  • 3ターン目
何もせずにターン終了

  • 4ターン目
1.徐晃 顔良の南西に移動し、熊手(成功)
2.関羽 顔良の南に移動し、顔良に乱突(成功)
3.張遼 顔良の北東に移動し、突撃(成功)
4.曹休 南東に1マス移動し、顔良に火矢(成功)
5.宋憲 曹休の北西2マス目に移動

  • 5ターン目
1.張遼 南に1マス移動し、顔良に突破(成功)
2.関羽 その場で顔良に乱突(成功)
関羽が顔良を撃破できたら分岐①へ
関羽が顔良を撃破できなかったら分岐②へ


<分岐①>
  • 5ターン目続き
3.徐晃 張遼の北に移動

  • 6ターン目
1.張遼 文醜の北に移動し、文醜に突進(成功)
2.徐晃 文醜の北西に移動し、文醜に熊手(成功)
3.関羽 その場で文醜に乱突(成功)
4.宋憲 文醜の南西に移動し、文醜に突撃(成功)

  • 7ターン目
関羽、張遼、徐晃で文醜に適当に戦法を当てて終わり


<分岐②>
  • 5ターン目続き
3.徐晃 その場で顔良に熊手(成功)

  • 6ターン目
1.張遼 文醜の北に移動し、文醜に突進(成功)
2.徐晃 文醜の北西に移動し、文醜に熊手(成功)
3.曹休 文醜の南西2マス目に移動し、文醜に火矢(成功)
4.宋憲 曹休の南西に移動

  • 7ターン目
関羽、張遼、徐晃で文醜に適当に戦法を当てて終わり




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.