石秀

セキシュウ

列伝

水滸伝一〇八星の1人。天慧星。席次第三十三位。命知らずのため「拚命三郎(ヘンメイサブロウ)」とあだ名された。蘇州で薪売りをしていた時に楊雄に出会い、義弟となる。楊雄の家に招かれた際、彼の妻と僧の浮気を目撃し、楊雄に忠告した。一時、妻の甘言に乗った楊雄と対立するが、浮気の証拠を見つけて和解。怒って妻を殺した楊雄と共に梁山泊へ逃亡した。その後は主に偵察隊として活躍。北京で盧俊義の処刑を妨害し、遼国遠征では蘇州の城に潜入して火を放った。方臘(ホウロウ)征討にも従軍するが、昱嶺関で矢を浴びて戦死した。歩軍頭領。

能力値

統率 武力 知力 政治 魅力 総合 軍事能力
統+武 統+武+知
素質 63 80 77 68 67 355 143 220
順位
偏差値
成長期 普通 維持 維持 普通 普通 - - -
能力持続 短い 短い 短い 短い 短い - - -

兵種

槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍
適性 A A B B A B
部隊 攻撃 防御 攻撃 防御 攻撃 防御 攻撃 防御 攻撃 防御 攻撃 防御
75 59 71 65 60 50 73 50 71 48 64 47
順位
偏差値
部隊攻撃力/防御力は技巧研究を全て終えた時点での値。兵器は木獣、水軍は闘艦。

特技 : 補佐

人間関係がなくても支援攻撃発生(嫌い除く)補佐持ちが主将でのみ発生

マスクデータ

相性 出身地 起用 戦略傾向 地元執着 義理 野望 漢室 生年 登場 没年 死因 性格 音声 口調
73 4/5 2/5 2/3 173 187 216(44歳) 冷静 剛胆 普通

舌戦

得意話題 保有話術
大喝 詭弁 無視 鎮静 逆上

親愛・嫌悪

状態 武将名
石秀
親愛
宋江盧俊義李応楊雄
盧俊義李応楊雄

嫌悪
高俅童貫蔡京
なし

義兄弟 : 楊雄、石秀



  • 親愛も多く特技である補佐も優秀だが、戦闘能力がイマイチなため活躍の場が少ない。
    第二軍として考えよう。 -- (名無しさん) 2014-06-04 23:01:24
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.