沮鵠

ソコク

列伝

袁紹の幕僚・沮授の子。
演義 】 袁紹の死後、袁尚に仕える。袁譚曹操に降伏した直後、冀州に攻め込んできた曹操軍を邯鄲(かんたん)で迎撃。張遼と打ち合うが3合せずに追い立てられ、逃走するところを射殺された。
正史 】 邯鄲を守っていたが、曹操軍に攻められて陥落したとあるのみ。

能力値

統率 武力 知力 政治 魅力 総合 軍事能力
統+武 統+武+知
素質 55 51 66 67 72 311 106 172
順位 428 428 310 270 184 258 444 365
偏差値 48.9 48.3 53.5 54.7 56.6 53.6 48.5 50.1
成長期 普通 普通 普通 普通 普通 - - -
能力持続 短い 短い 短い 短い 短い - - -

兵種

槍兵 戟兵 弩兵 騎兵 兵器 水軍
適性 C C B B C C
部隊 攻撃 防御 攻撃 防御 攻撃 防御 攻撃 防御 攻撃 防御 攻撃 防御
37 40 36 44 39 44 47 44 36 33 36 37
順位 439 451 434 460 427 389 407 378 442 439 436 425
偏差値 46.1 46.3 46.4 46.4 48.9 49.2 48.7 49.3 46.8 47.0 47.2 47.5
部隊攻撃力/防御力は技巧研究を全て終えた時点での値。兵器は木獣、水軍は闘艦。
  • 特技なし

マスクデータ

相性 出身地 起用 戦略傾向 地元執着 義理 野望 漢室 生年 登場 没年 死因 性格 音声 口調
96 冀州 任意 地方統一 重視 3/5 2/5 2/3 184 198 204(21歳) 不自然死 冷静 冷静 丁寧

舌戦

得意話題 保有話術
大喝 詭弁 無視 鎮静 逆上
道理

親愛・嫌悪

状態 武将名
沮鵠が親愛する武将 なし
沮鵠が嫌悪する武将 なし

血縁

世代
1 沮授
2 沮鵠

シナリオ

シナリオ 年齢 身分 所在 勢力 忠誠 爵位・官職 功績値 配偶者 義兄弟
S1 184年 1月 黄巾の乱 1歳 未登場 - - - 0 - -
S2 190年 1月 反董卓連合 7歳 未登場 - - - 0 - -
S3 194年 6月 群雄割拠 11歳 未登場 - - - 0 - -
S4 200年 1月 官渡の戦い 17歳 一般 袁紹 98 中郎 6000 - -
S5 207年 9月 三顧の礼 - 死亡 - - - - - - -
S6 211年 7月 劉備入蜀 - 死亡 - - - - - - -
S7 225年 7月 南蛮征伐 - 死亡 - - - - - - -
S8 251年 1月 英雄集結 - 一般 韓馥 97 - 0 - -
S9 198年 1月 呂布討伐戦 15歳 一般 袁紹 98 議郎 2000 - -
S10 203年 1月 袁家の戦い 20歳 一般 袁尚 98 諫議大夫 7000 - -
S11 217年 7月 漢中争奪戦 - 死亡 - - - - - - -
S12 187年 4月 何進包囲網 4歳 未登場 - - - 0 - -
S13 191年 7月 序を制する者 8歳 未登場 - - - 0 - -
S14 251年1月 女の戦い 未発見 - - - 0 - -


  • 正史演義ともに目立つ活躍は無いが、父親の七光り(?)で能力が多少優遇されている。
    袁紹軍では二線級の文官なので発明や造船でも付けて地道に生産にいそしむか、
    もしくは築城をつけて前線で内政をさせよう。沮授が出陣するなら他部隊の副将にも。 -- (名無しさん) 2011-04-08 12:56:56
  • ↑副将では援護は出ないので弩部隊の主将で。よっぽどコマが足りない時にしか出番は無いだろうが。 -- (名無しさん) 2012-02-14 14:52:44
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
合計 -
オンライン -
昨日 -
今日 -
■ メニュー
FAQ
| └ Q&A
内政
| ├ 技巧研究
| ├ 能力研究
| └ 武将育成例
戦争
| ├ 兵科
| ├ 一騎討ち
| ├ 支援攻撃
| └ ダメージ検証
小ネタ


■ 武将データ
史実武将(簡易版)
| ├ ア行
| ├ カ行
| ├ サ行
| ├ タ行
| ├ ナ~ラ行
| ├ 詳細版(wiki外)
| ├ 能力値
| | └ 素質盛衰表
| ├ 血縁
| └ 親愛・嫌悪
├ おまけ武将
| ├ いにしえ武将
| ├ 水滸伝武将
| └ CS版限定武将
都市別未発見武将
マスクデータ







更新履歴

取得中です。




サイト左上の画像は登録済みユーザーのみに使用許諾されたものです
(C)KOEI Co., Ltd. All rights reserved.