※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(封印の丘)
おてんこさま
「準備はいいな、
ジャンゴ?」

(ジャンゴ、うなずく)

おてんこさま
「では頼(たの)むぞ、サバタ。

月は太陽の光を映し出す。
だがそれはただの鏡ではない。

その光は万物の慈愛(じあい)と
狂気(きょうき)を宿し、

太陽と暗黒、火水風土の4大元
素、すべての力を操り導く。

導きの力・・・
それが月光仔(げっこうし)の力

かつておまえは古の精霊(せい
れい)、ムスペルとガルムを従
え、

私をも封(ふう)じ込(こ)めた。

それは月の暗黒面、狂気の力。

だが今、影(かげ)の牢獄(ろう
ごく)より私を救い出し、

牢獄とされた小さき命までをも
救ったその力。

それはまぎれもなく月の太陽面
慈愛の力!

他者を助けようとするその行為
(こうい)こそが、おまえを月下
美人へと導くのだ!

月の2面性、慈愛と狂気。
その表裏を使いこなすものこそ
が、真なる月下美人となる!!」

(サバタ、扉のほうを向く)
(おてんこ、ジャンゴがサバタを見守る中、サバタが白く点滅)

サバタ
「聞け、古の精霊よ!

我らが母、
その祖先たる月光仔たちよ!

かつてなんじらが封じたる災い
が今、解き放たれようとしてい
る。

我らの願いは災いの眠(ねむ)り
なんじらの願いそのもの。

さればなんじら、そのいましめ
を今ひととき我に預けよ!

我はなんじらの子、
月下美人、サバタなり!!」

(手を掲げるサバタ)
(白転)
(変異域の扉が開くと、呻き俯いて膝を突くサバタ)

おてんこさま
「大丈夫(だいじょうぶ)か、
サバタ!!」

サバタ
「さすがは終末の獣(けもの)、

手綱(たづな)をにぎっていると
いうだけで、これだけのプレッ
シャーを受けるとは・・・!!

ジャンゴ、
ヨンムンガンドを叩(たた)く役
目はおまえにゆずろう。

残念だが俺はこの場を離(はな)
れられそうもない。

これが俺の戦い・・・

おまえにはおまえの戦いが待っ
ている!

さあ、行け!!
太陽少年ジャンゴ!!」

(ジャンゴ、頷きサバタの横を抜け扉の中へ駆けて行く)

おてんこさま
「持ちこたえてくれ、
サバタ!!

ヨンムンガンドの頭・・・
必ず叩いてみせる!!」

(封印の丘、螺旋の塔前)

おてんこさま
「覚悟(かくご)はいいな?」
いい まだ


[まだ]

おてんこさま
「ジャンゴ、

おまえたちにすべてを託(たく)
して消えていったリンゴのため
にも・・・

この戦い、
絶対に負けられないぞ!!」


[いい]

(おてんこ、ジャンゴがサバタを見守る中、サバタが白く点滅)
(手を掲げるサバタ)
(白転)
(変異域の扉が開くと、呻き俯いて膝を突くサバタ)

サバタ
「さあ、行け!
太陽少年ジャンゴ!!」

(ジャンゴ、頷きサバタの横を抜け扉の中へ駆けて行く)
(おてんこ、暫くサバタを見詰めたままだったがジャンゴを追って扉の中へ)


(黒背景に白字幕)

変異域
-ヘンイイキ-


(変異域から地上へ戻ると扉が閉まる)


(変異域[?])

(昇降機を降りるジャンゴ)
(おてんこが出現)

おてんこさま
「ここが地下最下層・・・
何という瘴気(しょうき)だ。

変異現象の進行が速い。
このままでは・・・

螺旋(らせん)の塔が、いましめ
の槍(やり)としての形を維持(
いじ)できなくなってしまう!

(お互いに振り向くおてんことジャンゴ)

急ぐぞ、ジャンゴ!!

だが注意しろよ?

この瘴気だ。
ここから先は引き返すことも、
セーブすることもできない!

今の内に必ずセーブしておくん
だ。いいな?」


(マップを移動すると画面が切り替わる)
(鍛冶屋にて、スミレと怪我をしたクロが見守る前で楔を槌で叩くスミス)


(マップを移動すると画面が切り替わる)
(黒背景)

レディ
「闇(やみ)に生まれし者たちよ
・・・

大人しく墓場に帰りなさい!!」

(「ハッ!」)
(画面が明るくなる)
(大聖堂ホールにて、楔を中央におき背中合わせに立つリタとレディ)
(4体のスケルトンに囲まれていたが、スケルトンは頭蓋を残し倒れる)
(両拳を握りガッツポーズ、喜ぶリタ)

リタ
「さすがですわ!
マスター!!」

レディ
「まだよ!!
油断しないで、リタ!」

(スケルトンの頭蓋が揺れ、スケルトン復活)
(腕を下ろすリタ)

リタ
「今度はわたしが・・・!!」

(暗転)
(「オラオラオラ、オッラー!」)

リタ
「ザコはすっこんでな!!」

レディ
(あらら・・・

ちょーっと、鍛(きた)え過ぎち
ゃったかしら・・・?)


(マップを移動すると画面が切り替わる)
(暗黒街野外、2匹のバンデットに対峙するシャイアン)
(咆哮と共に斧を振り回し、バンデットを倒す)

キッド
「シャ、シャイアン!!」

(シャイアン白ビックリ(!)、左へ振り向く。画面左上へ移動)
(楔を足元に置き5匹のポイズンビーに襲われるキッド)
(シャイアン沈黙(・・・))

シャイアン
「だからついて来るなと言った
のだ・・・

・・・まあ、
たまにはにぎやかなのもいい。

キッド!!
回復薬、用意しておけよ!」

(キッドの方へ駆けて行くシャイアン)


(最深部に到着するとおてんこ出現)
(扉を見詰めるおてんことジャンゴ)

おてんこさま
「ここだ・・・
ここが塔の先端(せんたん)。

この先はヨルムンガンドの頭
・・・

(お互いに振り向いて)

原種の欠片、エターナルである
ヨルムンガンドを倒(たお)すこ
とはできない。

だがその頭部にダメージをあた
え、一時的にでも意識を奪(う
ば)うことができれば、

その隙(すき)を突(つ)き、再び
封印(ふういん)をほどこすこと
も可能なはず・・・!!

すべてはこの戦いにかかってい
る!

行くぞ、太陽少年ジャンゴ!!

太陽と共にあらんことを!」

(ジャンゴ、それを追っておてんこも扉の中へ)


(暗闇に到着、辺りを見回すおてんことジャンゴ)
(巨大な蛇のような怪物から楔が外れ、目を覚まし叫び声をあげる)

おてんこさま
「これが原種の欠片・・・
ヨルムンガンド!!」

(ヨルムンガンド、口を大きく開けおてんことジャンゴに襲い掛かる)
(それぞれ左右に避けるおてんことジャンゴ)

おてんこさま
「やはり原種の欠片に理性など
はないか・・・

あるのはすべてを飲み込(こ)も
うとする、貪欲(どんよく)なる
本能のみ!

行くぞ、ジャンゴ!!
ヤツの頭を叩(たた)くんだ!

太陽の光は私が地上より中継(
ちゅうけい)する!!」

(「太陽ぉーーー!!」)
(おてんこ発光、光の玉となり上へ)
(白転)
(バトル開始)

(バトル終了)
(ヨルムンガンドの頭、目を痙攣させ倒れる)
(目の前でそれを見詰めるジャンゴ)

おてんこさま
「やったか・・・!?」

(ジャンゴ、片膝を突く)
(ヨルムンガンドの閉じた瞼が動き、目を見開く)
(起き上がり口を開けジャンゴのを飲み込む)
(口の中に閉じ込められるジャンゴ)

おてんこさま
「ジャンゴ!!」

(暗転)
(画面が切り替わる)
(太陽樹の前で祈るリタとスミレ、クロ)
(リタ白ビックリ(!)、そちらを見るスミレとクロ)

リタ
「ジャンゴさま!!」

スミレ
「おにいちゃん・・・?」

(画面が切り替わる)
(変異域への扉の前で蹲っているサバタ)
(顔を上げる)

サバタ
「ジャンゴ!!

間に合わなかったというのか
・・・!?」

(ゆっくりと暗転)


by kame,ミミニー,レイヴン


Z目次
 ←Z螺旋の塔  Zエピローグ→
Zダンジョン外