※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

未来世界へようこそ


「地球からの手紙」

火星人の手紙。、地球人は戦争ばかりしている、環境を破壊している、
彼らを保護するために侵略を提言します、というもの。


「お召し」 小松左京

ある日突然、大人が消える。子供も、12歳の誕生日と共に、消えるようになる。
子供同士、協力して世界を維持し、作ってゆく。
面白いのは、子供の書いた文が、大昔の古文書として発見され、発見者らは
最後近くまで誰か分からないところ。結局、そいつらは未来の子供(その世界が普通だと思っている)
だった。
結論が無いのがマイナスだが、面白かった。


「むぎひとつぶ」 さねとうあきら

理想の社会が実現。最も重い罪は、酸素を多く消費すること。息を大きく吸っただけで死刑。
裁判官が、密かに麦を育てたりする。空気を作るために。
作品として、あまり良くまとまっていない。絵本とは言え、評価はできないかな。


「武器なき世界」 カート・ボネガット

「バーンハウス効果」の小説。前に見たときは、もっと面白いと思ったが。
でもまあ、悪くないよ。


「ウアヴェリ地球を征服す」 フレドリック・ブラウン

ブラウンの小説。電気を食う電磁波生物が地球を征服。馬車など、そういう時代に戻る。
新聞の朝刊の一面が「地球、征服さる」というのが最高だった。
だが、作品としての評価は、さほど高くない。ブラウンなら、もっと良いのがある。