※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

未来ショック


「走れ、走路」 ロバート・A・ハインライン ☆☆

これはさすがに古さを感じる。走路のエンジニアがストライキを起こして
パニック。「走路のある未来」がイメージできなければダメな気がする・・・


「海底牧場」 アーサー・C・クラーク ☆

これはどこが面白いのかさっぱり分からない。
イルかといっしよにサメを退治したから何だというんだろう?


「草原」 レイ・ブラッドベリ ☆☆

子供部屋の四面に立体テレビみたいなものを設置。子供はアフリカの
ソフトに夢中。子供にとってTVの重要性が親を上回り、


「夢を売ります」 アイザック・アシモフ ☆☆☆☆

夢を体感できるソフト開発の話。映画のように売られてる未来。
それだけの話で特に明確なストーリーは無いが、読んで楽しめるので良い。


「一九九九年」 フレドリック・ブラウン ☆☆

最近の犯罪者が、嘘発見器に反応しない。で、探偵が調査を始める。
結果的に、犯罪者が催眠術で犯罪の記憶そのものを消していたことが判明。
しかし、彼らはその後善人になる(完全に忘れてる)のでそれで良しとする。
「それでいいのか?」「まあいいだろう」みたいな。昔はもっと面白いと思ったが・・・


「徘徊許可証」 ロバート・シェクリィ ☆☆☆☆☆

これは面白い。しかしどう考えてもユーモア小説の類だが・・・
滅亡したと思われていた地球から、200年ぶりに通信が入る。
「地球と違った文化を持つ星は敵だ」と言われ、慌てて地球の研究をする。
この星はとっても平和で、地球の本にある犯罪というものが理解できず、職業のひとつと思い込む。
「犯罪というのは必要なものなのだ」と説得され、主人公は人を殺す仕事と、
いかがわしい場所を徘徊するのが犯罪者の義務だと「徘徊許可証」を受け取る。
風刺云々でなくユーモア小説と見るべきだと思うがな・・・センスを感じさせる作家だ!


「ショク・・・・・・・」 リチャード・マティスン ☆☆

うっ。あからさまに藤子F先生の「気楽に殺ろうよ」の元ネタだ。
食べることは恥ずかしいこと、という価値観の未来。しかし、その理由が書かれていない。なのでSFとしてはちょっと・・・でもよく書けてるとは思う。
なお作品としての完成度は、後発なので当たり前だが、「気楽」の方がかなり上。


「災厄のとき」 アイザック・アシモフ ☆☆☆

スーザン・キャルビン最後の舞台。最後を締めくくるにふさわしい話だ。
面白いのだが、しかし論理のみのSFのため、正直言うとちょっと退屈かも・・・
アシモフの用意している見事な結末のために、前半の長さは必要なものなのだと分かってはいるのだが・・・