※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『朝のガスパール』 筒井康隆 ☆☆


う~む、正統派の小説じゃないな。間違いなく。こういうのが読みたいんじゃないんだよ・・・これで大賞が取れるのか。作者も素直に喜べないんじゃないかな。(失敗作なのに・・・)と。

SF的なアイデアは、読者参加型の小説とプレイヤー参加型のゲームのリンクがやや面白かった。でも、それだけだ。

パーティーのシーンは、僕は退屈だった。登場人物が多すぎというのも同感だ。覚え切れん。そしてそれは作者の力量不足だろう。


実験的な手法を実際にやったということは、評価しても良い。ただ、それが上手く機能しているとは思えない。
特に、誰のどのアイデアを採用したのか、という記述がなければ、ダメだろう。何故それをしなかったのか。


例えば、週刊連載の漫画などでは、作者も行き当たりばったりで話を考えているものがたくさんある。いい年して少年漫画を読んでいる人間ならば普通のことだろうが、僕はそれを読者として半ば無意識に想像し、楽しんでいる。読者の意見が反映されたとしても、特にどうということはない。

一例を挙げれば、僕が子供のころ「少年マガジン」に連載されていた『将太の寿司』では、大会決勝進出者4名のうち、誰が残るのかを、読者アンケートの結果で決めていた節があった。


ちなみに「朝のガスパール」とは新聞の朝刊のこと。大した面白くもない。

大賞の受賞は、審査員にこれを「駄作である」と評価する勇気が無かったからではないだろうか。