※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カラー2剤のおおまかな成分

  • 高級アルコール類
  • 界面活性剤
  • 過酸化水素
  • コンディショニング剤(手触り感向上剤)

『カラーにおける酸化剤の役割』

当然の事ながらメラニンの漂白のために酸化剤が使われています。
同時に、酸化染料の発色重合にも酸化剤が活躍しています。
6%オキシを用いるアルカリ酸化染毛剤では、その半分が
メラニンの分解に、残りの半分が酸化染料の発色重合に関与します。
酸化剤は条件によってその酸化力が大きく異なり、
特にアルカリ下での活性酸素放出量がピークになります。
同じ6%オキシをつかっても、アルカリ酸化染毛剤で用いるのと
酸性酸化染毛剤に用いるのではリフト力と発色力が違うのです。



ーーーーーーこの記事は書きかけですーーーーーーーー