IPR2005 いっすぃ編メインページ > 2005年08月31日 > 4)2005年6月 =肉七マヨ大!=


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
今も週刊少年ジャンプで連載している「ONE PIECE」という漫画があります。
主人公ルフィは海賊王を目指し、それぞれの夢を持つクルー仲間とともに
伝説の秘宝ワンピースめざしてグランドラインを旅しています。

波乱万丈、旅の途中いろんな事件がおこります。
でもルフィはどんな局面にぶつかっても、強大な敵に一旦は打ちのめされても
絶対に屈しないんですよね。そして仲間たちも屈しないんですよね。
引くことができない勝負、負けられない勝負には必ず勝つんですよ。
切り抜けないとそこで全部終わっちゃうからです。いきなり最終回になっちゃうし。

あと、面白いのが、仲間たちは旅の行き先はルフィに任せているんです。
まぁ船長だからってのもあるんですけど、ひとりひとりの夢はみんな違うのに
もしかしたら他のヤツと旅したほうが近道かもしれないのに
ルフィと一緒に旅することを選択して同じ船に乗ってんです。

寄り道だらけでも絶対にたどり着くって信じているからなのか
つまんなかったらもう一回旅すればいいじゃねぇかと軽く言ってのけるところが
気負ってなくてみんなラクだからなのかはわかんないけど。

ルフィのいいところは、絶対にあきらめない強い意志を持っているだけではなく
自分のやることはしっかりやってのけるし、
自分ひとりじゃ何も出来ないってわかってて、
それぞれの仲間の個性を認めて尊敬してて、
ぶつかったら納得いくまでやりあうし、
そいつがいないと叶わないんだというくらいに仲間を大事にしてる。

決して萌えキャラではないけど、イシダはルフィが大好きなんですよねー。
最近ひとつの寄り道の話が長くなってきてて早く進んでよーって
思うことしきりです。現在コミックス38巻出ています。
ちょっとそれましたが、最新刊を買ってぐっときたので思わず・・・。

さてさて・・・。
時間も内容もない浅いことをつらつらとかいて過去をたどりましたが
すでに今年の6月です。2ヶ月前です。

6月の勉強会は溝手さんがだんどっておりました。
さらにサプライズが進行していました。

そういうことがあるんだよと聞いたのは少し前で、
仕事も新人で暇だから名札のデータをいじったりなどしつつ
わくわくしつつ直前過ごした記憶があります。

当の講座の内容はアウトラインしか見えてなかったので
多分ほとんど流れはFIXしてるんだろうなーと、
当日の分担がてきぱきとMLで進む中でした。

そう、溝手さんの名前を初めて拝見したのは去年の合宿の名簿。
当日こられなかったので、女の子好きなイシダは
どんなひとなんだろう~と会ってみたいなと思っていました。

そんな想像の人、溝手さんとリアルであったのは10月ごろで、
会ってみると想像とは全然違ってて会話のテンポの緩急が
つけられるノリのよい人だなーと、ええもう、安心どころか
会えてよかった♪な感じです。

それからさほど時を経過したわけでもないのですが
不思議と随分前から友人だったような気分です。

そんな溝手さんが!というので、手伝いたいと思った次第です。
名札作りと受付を拝命、(裏受付も拝命)
受付&会計は榑林さんと三好さんとともにさせてもらいました。

「気高く礼節でパキっとしたオネーサマ系受付」よりも
「親しみやすい笑顔でお迎え、でもスマートで小粋な受付」を
目指してみました。←過剰表現?

でもでも、もっと事前に想定しながらセッティングできたら
かなり近づけたのではないかと思います。
というのは、ちらほらと来られる申込者の方を迎えつつ
導線はこう流れるから名簿チェックは手前がいいよねーとか
やっぱりお金は一箇所集中かな?とか
短い時間のなかであれよこれよと試したりして
試行錯誤であっというまにスタート。。。となったのです。

しかも、この日はものすごーく申込者が多かった!
だからいろんなパターンができたんですが・・・。

講師のお話はあまり聞いていませんが、この日の会場はとても熱い感じ。
そんな中壁一枚隔てた隣室ではサプライズの準備が着々と進みつつ
しばらくして裏受付のため安西さんとミッションスタート。

サプライズの主役にバレないかヒヤヒヤしながらもスリリングなミッションでした。
同じミッションをこなした安西さんに戦友のような気持ちを抱きました(笑)

懇親会からサプライズに変わったところは見ていないのですが
流れに乗り出したころ、会場を見るとみなさんいい感じだったと思います。
すべて当日にエイヤってやる勢いでしたから、スピード感ありました。
そしてまた受付でのほほんと荷物番兼ちょっと休憩タイムをしておりました。

が、想定外のハプニング。

懇親会費のわりに食べ物が足りない・・・空いたお皿が増えて減速した感を察知した
マネージャーズは急遽なんとかせねば!と静まり返った受付で緊急ミーティング。
即決で買出しを決行。
ピザ屋に電話して懇親会の残時間とピザの到着時間を考えつつ
大量注文をしてみるが、ピザ屋も慌てているのか時間がかかると弱気な対応に
やっぱりいいですとキャンセル。
近くのコンビニ買出しに切り替えましたが、量的にも見た目のゴージャスさにも
限界があると考え直して、やっぱりピザ屋にも注文することになりました。

昔、予約注文で「はっぴいえんどボックス」「裕次郎●周年記念ボックス」と
きっとそのお客しか買わないよなーという注文を見事キャンセルされて
売り場に出したところ、1ヶ月たってやっぱり・・・と引き取りに来て
大慌てしたことがあります。(運良く売れずに残っていました)

キャンセルのキャンセルという込み入った感がわかるだけに、
うわー、ピザ屋さんゴメンよー
電話で交渉していた溝手さんごめんよーでした。

で、まぁ、そんなこんなでコンビニでもピザ屋からも思ったより早く食料を
調達できて、会場に出したとたん場の雰囲気も変わり・・・というか
あっというまに皿がなくなり
「なぁんだーやっぱりみんなおなかすいてたんだ~」と
水場で安西さんと溝手さんとよかったねぇと胸をなでおろしました。

その後ひっそりとした受付でオツカレサマ晩酌大会をしておりました。
縁側でお茶会なノリで焼酎を飲んでいたわけです。
そして夜は長く長く・・・・。

こんなときはこうしよう、ああなったらそれを出そうなど
準備を固めておくのはもちろん大事だと思ってるし、
やるべきところはやったかなと思えれば多少のイレギュラーも
乗り切れるもの。準備9割・・・というやつですね。
だけど勢いも大事だなぁと思いました。
行き先はわかってるから、とりあえず今はこれだっていうのを
みんなで乗り切れちゃった感じがありましたねぇ。

ちなみに週刊少年ジャンプのコンセプトは「夢」「勝利」「友情」です。

たぶん次回で最終回です。
だって未来日記じゃないんだし、明日以降のことはわかりませ~ん!

 ◆(おまけ編)
溝手さんと山下さんが焼酎ビンイッキをしながら五反田の町を
ねり歩いていた光景は忘れられません。次は生命の森をねり歩く?

昼間にぶたまよきむち定食を食。すごい組み合わせだなとも思うが
混ざってみると案外ウマい!!


カテゴリ: [わたしとビジネスIPR] - &trackback- 2005年08月31日 02:06:39
  • きむちは七味だったかな? -- イシダ (2005-08-31 03:00:44)
  • 石田ちゃん、あの食べ物の正式名称は”豚肉七味炒め定食”です。「豚肉七味炒め定食に、マヨネーズ多めで!」を略して、「肉七マヨ大!」というのです...。 -- ひらま (2005-08-31 17:20:05)
  • あっ!その名前!ごめんなさい。赤かったのですっかりキムチに変身してました。よかったぁ。タイトルもかえちゃいます。 -- いしだ (2005-08-31 20:03:22)
名前: コメント:
#blognavi
| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
|ログイン|