|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

登校時間


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ツンバカ「おはよ―――!!ツンサメぇ―――!!」
ツンサメ「おはよ、ツンバ……」
ツンバカ「ん?どしたの?」
ツンサメ「…制服…前後ろ逆だよ…」
ツンバカ「え?うわわ!!ホントだ!!(バサッ)」
ツンサメ「…!ちょ!こんなとこで着替えるんじゃないわよ!」
ツンバカ「へ?きゃああああああああ!!」
ツンサメ「あ~も~…ほら、こっちこっち」
ツンバカ「はううぅ……もうお嫁にいけないよぉ……」
ツンサメ「はいはい。ったく…」

ツンバカ「お、おはよ―――!!ツンサメぇ―――!」
ツンサメ「………何事もなかったかのように出会いシーンから、なんてのは付き合わないからね」
ツンバカ「ううぅ……ツンサメぇ~!このことぜーったいに他言無用!言語道断!有言実行だよ!?」
ツンサメ「…意味もわからずとりあえず知ってる単語使わないの」
ツンバカ「…ん?何か違う?まあそんなの小さい小さい!とりあえず、ぜったい誰にも言わないでね…?」
ツンサメ「わかってるわよ。ま、言っても『またか』の一言の元、軽くあしらわれるだけだと思うけどね」
ツンバカ「むぅ~何よそれ…。う~ん、どーも、私には不当なイメージが定着してるよね…事実以上にドジ連発してるように見られたりとか…」
ツンサメ「…事実以上て……確か、一昨日も制服逆だったけど…」
ツンバカ「あ~!コラ!言うな!そこはシャラップ&シークレット!プライベート・ビーチ!」
ツンサメ「…………もう突っ込みとかしなくていい?」
ツンバカ「……それはきっと、とても寂しいことだと思うな……」
ツンサメ「…ほんと、朝から元気ね…」
ツンバカ「えへへ。それだけが取り柄ですから!」
ツンサメ「…まぁ、それもそうね」
ツンバカ「ちょ……そこ認めないでよ!そこは親友として『そんなことナッシン!』とか言ってウイークポイントのひとつやふたつ!」
ツンサメ「…ウイークポイント挙げてどーすんのよ…」
ツンバカ「え?違うの?……こ、この際関係ないから、ほらほら!!」
ツンサメ「はいはい。えと『そんなことナッシン』、だっけ?」
ツンバカ「ぬぅ~…棒読みイクナイ……。まあいいや、さあ、次は!?」
ツンサメ「はいはい。いいところ、ね?えと……………」
ツンバカ「……………(わくわく)」
ツンサメ「……………………」
ツンバカ「……………(わくわくてかてか)」
ツンサメ「……………ほんと、いい天気ね…」
ツンバカ「流すな―――――――ッ!!」

男「あ、おはよう。二人とも」
ツンバカ「!!」
ツンサメ「おはよ、男くん。一人なんて珍しい」
男「まあ、いつもはクーたちと一緒だからな」
ツンバカ「あ……う……」
男「ん?どした?ツンバカ」
ツンバカ「!?あ……べ、別に……」
男「はは、大丈夫大丈夫。今日は制服の向きあってるから」
ツンバカ「な!?そ、そそそそんなのわかってるわよ!!茶化さないでよバカ!」
ツンサメ(いや、実にいいとこ突いてるよ男君…)
男「うわ!な、何だよ…。そんな怒んなくたっていーじゃん…」
ツンバカ「うるさいうるさい!!とっととガッコー行った行った!!遅れるわよ!?」
男「いや、時間は別に…ま、いっか。じゃあな、ツンサメ、ツンバカ」
ツンサメ「ん」
ツンバカ「…………ふぅ………………バカ………」

ツンサメ「……ねぇ、ツンバカ?」
ツンバカ「……………へ?な、なあに?」
ツンサメ「あんた、もしかしてさ……男君のこと……好き?」
ツンバカ「!!?な!な!なななななななななななななななナニ言ってるカ!!バ、ババババカなことやめるよろし!!からかっちゃダメアルよ!!」
ツンサメ「……実にわかりやすいテンパり具合ね。で、どうなの?実際」
ツンバカ「う………」
ツンサメ「好き、なんでしょう?」
ツンバカ「………………………………(コクン)」
ツンサメ「そっかー好き、かぁ。………ふふふふふ」
ツンバカ「な……なんで笑うのよぉ…」
ツンサメ「ふふ…いや、別に…。なーんか、かわいーなって思っただけよ」
ツンバカ「な!?~~~~~ッ!!の……ばか――――!!(ポカポカ)」
ツンサメ「ちょ……ゴメ…痛い!痛いから!」
ツンバカ「ばかばかばかばかばかばか――――――!!(ポカポカ)」
ツンサメ「痛い痛い痛い地味に痛いから!」
ツンバカ「キミが(ポカポカ)謝るまで(ポカポカ)叩くのを(ポカポカ)やめない!」
ツンサメ「…………噛むわよ?」
ツンバカ「ひぃっ!(ピタ)てかさ、ツンサメよく「噛む」って言うけど…それって本気?」
ツンサメ「…冗談3割、本気7割ってところかしら」
ツンバカ「むぅ…けっこう本気…安定株主…」
ツンサメ「素晴らしく関係ないわね、その単語」

ツンサメ「あ」
ツンバカ「ん?どしたの?」
ツンサメ「……今まで指摘しなかったことを本当に申し訳なく思うんだけど…」
ツンバカ「なーによー?」
ツンサメ「……あんた……カバンは…?」
ツンバカ「へ?ああ――――――――!!朝からの違和感の原因はソレか――――――――!!」
ツンサメ「……つまりあなたは、制服を前後ろ逆に着つつ、手ぶらでここまで歩いてきたのね……」
ツンバカ「むう……なんか頭くるくるな人みたいだね…」
ツンサメ「…同感ね」
ツンバカ「よよよ……恥ずかしい…もうオモテ歩けないよ…」
ツンサメ「案外町の風景に溶けこんでるんじゃないかと思うけどね。あと、『よよよ』は古い」
ツンバカ「ぬ、なにそれ!そんなに私、こんなことばっかりしてる!?」
ツンサメ「うん」
ツンバカ「…即答…凹むよ…?」

ツンバカ「…どこで落としたんだろ」
ツンサメ「これまでの行動を思い出してみたら?」
ツンバカ「えと……朝起きて、顔洗って…歯磨いて…」
ツンサメ「…ずいぶん始めからスタートするのね」
ツンバカ「歯磨き粉と洗顔フォーム間違えてウボァ―――――ッて…」
ツンサメ「…何をやってるのよ」
ツンバカ「…朝御飯は…………………ええと……」
ツンサメ「それを思い出せないのは致命的ね…」
ツンバカ「あ、ツンサメー…。おはよー…」
ツンサメ「…飛びすぎよ。…中間は?」
ツンバカ「ううむ……あ!思い出した!朝御飯は納豆トーストにオレンジジュース!」
ツンサメ「……思わせぶりにしておいてそれ…?しかもゲテモノの定番みたいなメニューだし…」
ツンバカ「…あれ?オレンジジャムトーストに納豆ジュースだっけ…」
ツンサメ「…ごめん、ちょっと吐き気が…」
ツンバカ「あ、そういえば、家出た時にはもう持ってた記憶がない…」
ツンサメ「…じゃあ家にあるのね」
ツンバカ「そうみたい!ちょっと取ってくるね!」
ツンサメ「ちょ………今から!?」
ツンバカ「だって、手ぶらで学校なんて恥ずかしすぎだしね!」
ツンサメ「あんたの家、歩いて30分でしょ?間に合わないじゃないの!てか、なんで自転車で来ないの?」
ツンバカ「…補助輪を軋ませながら颯爽と自転車に跨る女子高生を見てどう思う…?」
ツンサメ「………すごく……痛いです……」
ツンバカ「そういうこと!じゃあねツンサメ!先生にはうまく言っといて!」
ツンサメ「いや…私、別クラス…って行っちゃった…」
ツンサメ「はぁ……あのそそっかしいとこがなかったらいいコなんだけど…」