|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

学・日和


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

学「おや、日和ちゃん。今日は私についてくるのかな?」
日「うん」トコトコ
ゆ「すいませんね。多分数日間ついていくと思いますが、日和をよろしくお願いします」
学「まぁ任せといてくれ」
日「~~~♪」トコトコ

学「しかし暇だな・・・今日は男もいないしなぁ」
日「いないしなぁ」
学「むっ、私を真似るか」
日「まねるか」
学「私を学習型クールと知っての狼藉か!」
日「ろーぜきか!」
学「ふむ・・・なかなか筋がいいな・・・・・・よし、一つ暇つぶしに・・・」
日「?」

日「ゆうや」
ゆ「なんだ?」
日「こんやのばんごはんはなんなんだ?」
ゆ「カレーだ・・・って、なんかしゃべり方おかしくないか?」
日「さすがはゆうやだ、あいしているぞ」
ゆ「!?(////」
日「~~~♪」

日「こう?」
学「うん、うまいぞ」
ゆ「いったい何を・・・」
学「暇つぶしにクーを教えてみたんだ。飲み込みが早くて驚いたよ」
ゆ「こっちも驚いたよ・・・頼むからもうやめてくれ、心臓に悪い」
日「~~~♪」



学「次はこれで・・・」
日「?」

日「ゆぅーーーやぁーーーーーー」
ゆ「・・・学め、今度はヒートを教えたな。でも、あんまり声は大きくないな」
日「あいしてぇーーいr」
ゆ「やめろぉぉぉぉぉぉ!」
日「・・・つかれたからやめる」
ゆ「ほっ」
学「ふむ、日和ちゃんの体力ではこれが限界か」
ゆ「頼むからもうやめてk・・・この地響き・・・ヒートか?」
ヒー「おおおおぉぉぉぉとぉおおぉぉぉぉぉぉこぉぉぉぉぉぉ!あいしてぇぇぇぇぇぇいr」
男「やめろ、五月蝿い」
ヒー「その程度でえぇぇぇぇぇぇぇ私の愛が収まると思ったかああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
男「・・・orz」
ゆ「・・・今ならお前の気持ちがわかるぞ、男」
日「ゆうや、もう一回やっていい?」
ゆ「駄目だ」
日「むぅ」



学「ヒートは失敗だったな。体力が持たない・・・ならばこれで・・・・・・・」
日「?」

ゆ「日和、お前まだ学さんについていってるのか?」
日「ふん、ゆうやにはかんけいないじゃない」
ゆ「・・・何だって?」
日「わたしがどこにいこうが、ゆうやにはかんけいないっていったの!」
ゆ「・・・・・・そうか・・・じゃぁな」
日「で、でも」
ゆ「?」
日「ゆ、ゆうやがどーしてもついてきてほしいっていうんなら、つ、ついていってあげても・・・」
ゆ「そうか、じゃぁこれからもよろしくな、日和」
日「・・・うん///」

ゆ「さて、そろそろ出てこようか、学さん」
学「どうだい、日和ちゃんのツンデレっぷりは。なかなかなもんだろ?」
ゆ「一瞬目の前が真っ暗になりましたよ」
学「ふふふ、大成功だ日和ちゃん。これからもこの調子で行こう」
日「~~~♪」
ゆ「もう止めてくれ・・・・・・」



学「ツンは成功だったな。次は少し難しいがこれで・・・」
日「?」

以下副音声(オーラ無し)とともにお楽しみください

荘「おはようございます、皆様」ニコリ
荘『おはよ~みんな~!』ニパー
男「あぁ!どこからともなくヴェートンヴェン第9が流れてくる!」
友「いつの間にか教室がヴェルサイユ宮殿に!」
俺「弁当がいつの間にか3つ星レストランのフルコースになっているだと!?」
全員「「「 荘 厳 さ ん ! 」」」
荘「?どうかなさいましたか?」
荘『ん~?どうしたのー、みんな~?』

学「よし、行くんだ、日和ちゃん」
日「うん」トコトコ
日「おはようございます」ニコッ
男「あれぇー?どこからか猫ふんじゃったが聞こえてくるよー?」
男『なんだ?どこからともなく猫ふんじゃったが聞こえてくるぞ!?』
友「うわぁー!教室がヒヨコさんでいっぱいだー!!」
友『うわっ!教室中にヒヨコがいる!?』
俺「わぁっ!ぼくのお弁当がカレーになっちゃったー!」
俺『うおっ!俺の弁当がカレーライスになっているだと!?』
全員「「「 日 和 ち ゃ ん ! 」」」
日「?」

ゆ「・・・なんで他の奴らの口調まで変わってるんですか?しかも荘厳じゃないし・・・」
学「あのオーラは難しいからね。私もあんな失敗をよくしたものだよ」
ゆ「そうですか。まぁ、今回は失敗ですね。もう止めてくださいよ?」
学「むぅ」




学「さて久しぶりだが、今日もひとつ仕込んでみようと思う」
日「?」

ゆ「で、今日は誰を教えたんですか?」
学「渡辺さんだ」
日「あれれー?私のお弁当がないよぉー?」
ゆ「上手いな」
学「やっぱり日和ちゃん、才能あるよ」
渡「あれれー?日和ちゃんの口調がおかしいよー?」
ゆ「あっ本物」
学「ふむ・・・」
学「あれれー?渡辺さん今日は食堂じゃなかったのー?」
日「ほんとだー、何でー?」
渡「ふえぇ、日和ちゃんも真似しないでよぉ」
ゆ「なんか渡辺さんが3人いるみたいだな」
学「よし、じゃぁ特殊メイクで顔も渡辺さんにしてみようか」
日「?」

佐「・・・渡辺さん、お弁当もってk」
渡「わぁ佐藤さんだよー」
渡(日)「ふぇぇ、佐藤さんおそいよぉー」
渡(学)「でもありがとー、佐藤さん」
佐「・・・・・・・・・ブハッ!」
ゆ「おい!佐藤さんが鼻血を出して倒れたぞ!誰か保険委員呼べぇ!」
佐「渡辺さんがいっぱい・・・渡辺さんがいっぱい・・・ワタナベサンワタナベサン」ウットリ



学「日和ちゃん、今日はちょっと難しいけどこれを頑張ってみよう」
日「?」

日「ゆうや~♪」
ゆ「なんだ日和・・・ってなんで果物ナイフを持ってるんだ?」
日「死んで♪」
ゆ「こら学!なんてものを教えて(ヒュン)あぶねぇ!」
学「いや・・・反省してます・・・・・・テヘッ☆」
ゆ「テヘッじゃねぇ!(ヒュン)こら(ヒュン)日和(ヒュンヒュン)やめろぉぉぉぉ!」
日「あはは~♪」
狂「日和ちゃん」
日「?」
狂「生半可な気持ちでやっちゃ駄目よ。殺したらこの世からいなくなるんだから」
日「いなくなる・・・?・・・いなくなる・・・いなくなる・・・ゆうやがいなくなる・・・
  ・・・・・・・・・・・・ゆ゙ゔや゙ぁぁ・・・いなくなっちゃ・・・や゙だよぉぉぉ・・・ヒック」
ゆ「よしよし」ポンポン

狂「この件のお礼だけどあなたの命でいいy」
ゆ「さっきの台詞はどうした」



学「日和ちゃん、もう君に教えることは何も無い。君の学習の早さには驚いた」
日「学ちゃん・・・」
学「私のレパートリーはほとんど教えたと思う。これからは自分で学んd」
日「シューちゃんは?」
学「・・・何?」
日「シューちゃんのはおしえてくれないの?」
学「・・・いや、そのシュールはな・・・」
日「?」
学「・・・他の人なr」
日「シューちゃんがいい」
学「・・・」

──数分後──

学「離せ、男!私は、私はもう生きてる価値なんかないんだぁぁぁぁぁ!!」
男「おおおおおお落ち着け!何があったか知らんが早まるな!」
学「私は・・・私は・・・うおおおぉぉぉぉぉぉぉ!」
男「ちょ、誰かぁぁぁぁぁぁ!誰か早く来てええぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」
日「?」

              END?



エピローグ

日「おはよう」
ゆ「おはよう・・・ってなんで生米を大量に頭の上に載せながらムーンウォークしているんだ!?」
俺「しかも日和ちゃんを取り囲むようにして大量のヒヨコが同じように生米を載せてコサックダンスでついてくるだと!?」
友「よく見れば一匹だけウズラ!?しかもウズラだけブレイクダンスだって!?」
ダイ「それでいて頭の上の生米は一粒も落ちてないでゴワス」
俺「こいつは・・・シュールだぜ・・・」
シュー「完璧だ・・・学でもできないのによくここまで・・・・・・」
学「・・・日和ちゃん」

──数分後──

学「だから離してよ男!!どうせ私なんかいなくたって!!」
男「落ち着けって!とりあえず落ち着こう!な?な?」
学「私なんか・・・私なんか・・・うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
男「ちょ、誰かぁぁぁぁぁぁ!学が落ちたぞおぉぉぉぉぉ!!」

          END