|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

大量に転任してきたマンガ教師


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

太田「ふわぁ…なんでこんな朝っぱらから」
ぬ~べ~「転任教師の方達をお迎えしろってことらしいですが……」
無口「……」こくこく
ベッキー(眠い……)
ぬ~べ~「宮本先生、帰ってもいいんだぞ?」
ベッキー「あ、いや、平気だぞー」
太田「Zzz...」
ぬ~べ~「こいつは……ま、いいか」

無口「……」
ぬ~べ~「コーヒーですか?ありがとうございます、無口先生」
無口「……」にこっ
ベッキー「私にはジュースだとー!子供扱いするなー!!……あ、おいしい」
ぬ~べ~「そろそろ時間ですね」
無口「……」こくっ

「すいませーん」

ベッキー「ん?どこだ?」
ぬ~べ~(霊気…?いや、これは魔力か?)
無口「……」
ベッキー「なんだ指を指して……え────!?」

ネギ「麻帆良学園から来ました!ネギ・スプリングフィールドです」
───ネギ・スプリングフィールド(魔法先生ネギま)

ぬ~べ~「……子供?」
ベッキー「というか空から現れたぞ……」
ネギ「あれ、僕が魔法使いだってことは伝わっているはずじゃ……」
ぬ~べ~「いや、我々はただ少し強烈な先生が数名来るとしか、聞いてないんだが」
ベッキー「少し強烈って意味わからんけどな」

ネギ「じゃあ僕が魔法使いってことは……」
ぬ~べ~「知らなかった。だが心配はしなくても大丈夫」
ネギ「え?」
ぬ~べ~「俺も鬼の手を持つ。ただの教師じゃないんだ」
ネギ「へぇ~、聞いてはいたけど、麻帆良学園と同じくらい凄い学校なんですね!」
ベッキー「教える側も大変なんだぞ……」
無口「……」
「ごめんさ~い、遅れちゃいましたね」
ぬ~べ~「あ、いや、貴女も転任された先生ですか?」

みか「はい、鈴木みかです。ちっちゃいですけどこう見えても27ですー」
───鈴木みか(せんせいのお時間)

みか「家出るの遅かったっていうのもあるんですけど……」
「わぁっ、ここがこれから先生が教える新しい学校なのね!」
みか「迷子を連れて……へ?先生?」
「案内してくれてありがとう」

ひな子「もしかしてみんなは先生と生徒ですか?転任してきた二ノ宮ひな子でーす!」
─── 二ノ宮ひな子(らんま1/2)

ベッキー「こらー、私は教師だぞー」
ネギ「ぼ、僕だって……」
みか「この子達も先生だったんだ……」
ぬ~べ~「貴女も充分先生には見えませんよ……」
無口「……」こくこく
みか「ひど───い!」

ぬ~べ~(それにしても、なんだか昔の生徒達を思い出すな……)
無口「……?」
ぬ~べ~「そうなんです。以前は小学校で教えていたんですよ。童守町というところで……」

キキィー!!
ドクシャアッ!!

ベッキー「な、なんだー!?」
みか「凄い音がしましたよ……」
ひな子「不良生徒かしら!?」
ネギ「事故なら大変ですよ!」
ぬ~べ~「そうだな!」
無口「……!」こくこく

「あっぶねー……危なくひき殺すとこだったぜ」
「こっちは思いっきりひかれてるちょー……」
ぬ~べ~「だ、大丈夫ですか!?」

「オレはなんともねぇけど」
「こっちは全身ズタボロだちょー」
ひな子「バイク通学なんていけない生徒ね!」

鬼塚「いや、オレは生徒じゃねーし。吉祥学苑から来た鬼塚英吉、夜露死苦!!」
───鬼塚英吉(GTO)

春巻「なんだみんな先生かちょー。春巻龍だホイ」
───春巻龍(浦安鉄筋家族)

ぬ~べ~「やっと姿も大人の教師か」
みか「性格破綻してそうですけどね」
ベッキー「意外と黒いことを言うな」
ネギ「でもどうして事故なんか……」
鬼塚「あれだよ、あれ」

「……」プラーン……

春巻「首吊り自殺ちょ──!!」

ひな子「そんな!自殺なんて駄目よ~!!」

ぎゅ~

「……!!」じたばた!じたばた!
ひな子「早く降りなさーい!」
ネギ「どいてください!僕が降ろします!」
ぬ~べ~(魔力が上がった…!)
ネギ「風花・武装解除(フランス・エクサルマティオー)!!」

ビュワッ!

「!!」

ヒュ~~~……ドカッ!

みか「見事に地面に激突……」
ベッキー「だな」
鬼塚「痛ぇ──」

ネギ「だ、大丈夫ですか!?」
「……はあはあ」

糸色「死んだらどーする!!」
───糸色望(さよなら絶望先生)

ひな子「え?死んだら?」
糸色「あ、いや…それはそうと私は糸色望。今日からこの近く学校の教師となった者です」
ぬ~べ~「逃げたな」
鬼塚「あぁ、逃げた」
ベッキー「現実から」
みか「実は自演自殺という現実から」
春巻「寂しい男ちょ」
無口「……」こくこく
糸色「うわぁ───!!絶望した!この責められる現実から逃げたい!!」
ネギ「まあまあ……あの、とりあえずみなさん自己紹介しませんか?」
ぬ~べ~「そうだな。こっちもまだ名乗ってなかった」

鬼塚「お!あんたもソッチ系か?」
春巻「お腹空いたちょー」
糸色「着任早々帰りたい……」

ドジ巫女「ふふふ……お久しぶりです」
ドジ巫女「遂に始まってしまいました、パートスレ殲滅作戦」
ドジ巫女「まだやってたのか、なんてツッコミはやぼですよ」
ドジ巫女「なんていったって今回はかなり凄いですからね」
ドジ巫女「ふふふ……あははは、はーっはっはっは!!」

「ママー」
「しっ!見ちゃ行けません!」

ドジ巫女「ははは……恥ずかちぃ」