|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

数字オンチの諸君メモ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

富士山問題

富士山を4000mとして、4000m立方体の3分の1の体積を占めるとすると、64×10(9)=6×10(10)の3分の1で、2×10(10)。
ダンプの積載部サイズを4メートル×2メートル×2メートルとすると、ダンプ一台あたりの積載量は多くて2×10(1)。
一年あたり、4×24×400×2×10(1)で8×10(5)。
2×10(10)/8×10(5)で、だいたい10(4)の1~2倍程度。つまり、1~2万年。
ダンプの積載量があやしいが…。

琵琶湖なら?

琵琶湖の面積をだいたい60km四方と考えて、3×10(9)。琵琶湖の深さを平均10mとすると、体積は3×10(10)。
24時間ホースで吸い出すとして、1分あたり10平方メートル吸出し可能とする。
すると、1年だと10×365×24×60=800000×50=4×10(7)。だいたい100年かかる。


更新履歴

取得中です。