|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

一回戦第一試合:3年D組佐藤さんVS教員代表太田


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

荒鷹「さあ始まりました!
ドラ○ンボールを読んだ校長先生の我儘で開催決定した『第一回新ジャンル学園武道会』です!
実況は私、保守委員会代表の荒鷹舞と!」

鮫「ツンサメこと鮫子がお送りします」

荒鷹「さて!早速第一回戦を始めたいと思います!」

鮫「選手は入場してください」

第一回戦
3年D組佐藤さんVS教員代表太田

荒鷹「さあ佐藤さんが入場してきました!会場は熱い声援に満ちております!」

キャー!サトウサーン!コッチミテー!

鮫「続いて教員代表のバカの入場です」

オオター!ヒッコメー!シネー!

荒鷹「佐藤さんとは別ベクトルで会場がヒートしています!さて鮫子さん!この二人はどちらが優勢でしょうか?」

鮫「佐藤さんが人気体力共に上回っていると思います
ただ太田の変速的な動きにペースを取られたらどちらに転ぶかわからないわね」

荒鷹「なるほどなるほど!会場の予想も8:2で佐藤さん有利のようです!それでは!早速試合を開始致します!」

鮫「試合始め」

太田「うおっしゃー!」

荒鷹「おおっと!開始早々太田先生が佐藤さんに突撃!案外素早い動きで猛攻撃を繰り出しています!」

太田「オラオラオラオラオラ!」

佐藤「くっ!」

サメ「以外なことに佐藤さんは防戦一方ですね」

佐藤「クソッ!こんな遅い攻撃で…!」

太田「甘い!チョコレートパフェ並に甘いぞ佐藤!貴様が戦闘モードになるのはあくまで渡辺関係のみ!渡辺のいない平常時の貴様など喩えるなら梅干しのない日の丸弁当だ!」

荒鷹「なんとも予想外の展開になっています!
楽勝と思えた佐藤さんがまさかの苦戦!
太田先生は会場の罵声を物ともせず攻撃を続けています!」

太田「喰らえ!通信空手奥義『延髄斬り』!」

佐藤「あぅっ!」

荒鷹「太田先生の鋭い手刀が佐藤さんの頚にクリーンヒット!
佐藤さんまさかのダウーーン!!」

サメ「保険委員の日下さんが佐藤さんに駆け寄ります
おっと両手を交差させました」

荒鷹「大番狂わせが起こりました!
優勝候補の佐藤さんが敗退!
教員代表の太田先生が二回戦に進出!」

サメ「会場の皆さん、闘技場に物を投げ込まないでください
闘技場に物を投げ込まないでください」