|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

出席をとる


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ぬ「え~、出席をとる。ヴァルキリー」
ヴァ「何だ、何か用か」
ぬ「いや、別に用は無い。出席をとっている時は返事だけすればいいんだ」
ヴァ「む、そうか・・・」
ぬ「それと俺は教師なんだから一応敬語を使え」
ヴァ「私が敬語を使うのは私よりも神格が上の者に対してだけだ」
ぬ「・・・まあ、別にいいけど」

ぬ「魔王幼女ー」
魔幼「はいです」
ぬ「ん、よし・・・」
魔幼「せんせ~」
ぬ「ん?何だ?」
魔幼「何か気づきませんか~?」
ぬ「?・・・あ、髪型変えたか?」
魔幼「正解です!まっきーがやってくれたんですよ~」
ぬ「似合ってるぞ」
魔幼「えへへ~」

ぬ「ゾンビ妹ー」
ゾ「はーい゙」
ぬ「おい、お前片腕無いぞ」
ゾ「あ゙、ほんどだ~」
ヴァ「ん?さっき教室の後ろに落ちてたぞ」
ゾ「え?・・・あ゙、あ゙っだ~。あ゙りがどー」
ヴァ「何、礼にはおよばん」
ぬ(不死者とヴァルキリーが一緒に居るってのも変な話だよな・・・)

ぬ「魔法少女ー」
魔少「はーい☆今日も元気いっぱい、ミラクルプリティー魔法少女ちゃんだよ~♪」
ぬ「よし」
魔少「・・・・・・」
ぬ「シャクヤクは休みか?」
魔幼「あ、遅れてくるそうです~」
ぬ「ん、そうか」
魔少「・・・何よう、少しはリアクションしてくれたって・・・☆(イジイジ)」

ぬ「ダンボールー」
ダン「はい」
パタパタ
ぬ「蓋を開けたり閉めたりするのをやめろ。うっとうしい」
ダン「だって暑いんですもん」
ぬ「じゃあ外に出ればいいじゃないか」
ダン「断固拒否します」
パタパタ
ぬ「・・・・・・」

ぬ「くね子ー」
く子「あ、はい」
くねくね
ぬ「・・・せめて座ってる時くらいじっと出来ないのか?」
く子「うう・・・すいません、無理なんです」
ぬ「何とかならないかな・・・。動きを制御できないかどうか考えてみるよ。
  水辺から離れて本来の力が弱まってるから、何とかなるかもしれない」
く子「よろしくお願いします・・・」

ぬ「幽霊ー」
幽「はい」
ぬ「・・・うん、特にコメントはなし」
幽「本当なら一番おかしいはずの私が、このクラスにいると一番普通ですね・・・」
ぬ「だな」
幽「このクラスに来て良かったのか悪かったのか・・・」
ぬ「いつか良かったと思える日が来るさ・・・」
幽「そうでしょうか・・・?」

ぬ「囚人ー」
囚「・・・何で私がこのクラスに居るんですか?」
ぬ「さあ・・・?理事長に聞いてくれ」
看「実はですね」
ぬ「うおっ!?お前居たのか」
看「ちょっと耳を貸してください」
ぬ「ん?・・・・・・お前、それは流石にマズイだろ・・・」
看「いいからやって下さい」
ぬ「・・・俺はどうなっても知らんぞ?」
囚「何かとてつもなく嫌な予感がするんですけど・・・」
ぬ「南無大慈大悲救具救難・・・」
キイイイイン・・・
囚「ちょ、何で鬼の手を解放してるんですか!?」
ぬ「幽体剥離!!」
ベリベリベリ・・・
囚「ッギャアアアアアアアアアアアアアアッーアッーアッー・・・アッー・・・・・・」
看(・・・思ったとおり、ここならもっと責めのバリエーションが増えるな)
ぬ「・・・幽体を引き剥がしても生きてる・・・どうなってるんだ?」

ぬ「吸血鬼ー」
吸「・・・は~い」
ぬ「どうした?朝から眠そうだな」
吸「朝だから眠いんですよ・・・。もう日中は眠くて眠くて・・・フアー・・・」
ぬ「そんなことだと低血圧とキャラがかぶるぞー」
吸「!!!起きます!起きました!!」
ぬ「それでよし」

ぬ「マイケルー」
マイケル「ハーイ、マイケルデース」
ぬ「いちいち前に出んでいい」
マイケル「オーウ、すいマセーン。マイケルミステークですネー」
ぬ「・・・・・・」
マイケル「ほわっと?何デスか~?」
ぬ「強制成仏南無!!!」
マイケル「ギャアアアアアアアアアッー・・・」
ぬ「・・・やっぱりこいつもまだ生きてるな・・・」

ぬ「え~・・・。不幸~・・・」
不幸「・・・はい」
ぬ「・・・・・・」
不幸「・・・・・・」
ぬ「・・・えーと、その、何だ。頑張ろうな。俺も頑張るから!」
不幸「・・・はい・・・」

ぬ「・・・ん、終わりか?・・・何か毎回人数が増えてるような気がするが・・・」
ぬこ「気にしたら負けだ」
ぬ「!!!」