|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

クーヒー04


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

投下OK?
なんか魔法少女が主人公になってきたんだが

ぴーしがね、ふりーずしてね
がんばってかいたのにね、ぜんぶきえた、ふひひひ

よし、冷静になって考えた。
ちょっと取り戻せる量(今日一日使って書いた。)じゃないので
何か違う形で話を続けるよ。すごくカオスに。今までにないくらい。

がんばって、全然違うルートに書き直してみることにしたよ
少しだけ投下します。

魔少「………SSが消えた?作者アフォか」
猫「あれだけ上書き保存しとけって言ったのに無茶しやがって」
魔少「まぁ、クールとヒートの主人公のSSだったしーー
私にとってはこれはチャンス?みたいな?な?なぁ?☆」
猫「……お前も出番あったんだがな」
魔少「聞いてない、それ聞いたイナイよぉおおおお」
猫「………」
魔少「だが、どうせ脇役だ。脇谷さんだ。脇毛だ。」
猫「にゃ」
魔少「私は物語のヘロインを演じたいんだ」
猫「ニャー」
魔少「だろだろ?どうせなら魔法の国から亡命してきたお姫様って設定がいいな」
猫「………」
魔少「門閥貴族vs市民の革命の中、愛するダーリンと別れを惜しみながらこっちの世界に来るの」
猫「盛り上がっているところすまないが」
魔少「なんだ猛禽類」
猫「メル欄をみろ」
魔少「な……」
猫「作者は方針は変えないようだな」
魔少「ふん、こんなもの!」