|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

第1章


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

男「だりぃ…」

その日、男は災難に見舞われ続けていた
朝、登校途中…ヒートと内藤(競争中)に跳ね飛ばされ
体育の授業、㍉子に「訓練だ」と銃弾から避ける訓練を強要され
科学の時間、理ンデレに実験台にされかけ…(Bをスケープゴートに使用)
昼休みは昼休みでドロに弁当を盗まれ、それに気付いた不幸に黒焦げ弁当を渡された
トイレなら安全だろう…とトイレに向かうとトイレの入り口横でウホっな人がこっちを見てた

男「俺に平穏はないのか…?」
冷「平穏ほしいのか?」

男の呟きにいつの間に隣に居たのか冷が答えた
男は特に驚きもせず、頷く

男「さすがにな…」
冷「だが…皆、お前が好きだからやってることだろ?」
男「…確かに俺の事を好きだって言う奴は居るが…そこに平穏はあるか?」
冷「ない」
男「即答するなよ…」
冷「どりゃっ」
男「痛っ!?何故に蹴る!?」
冷「足刀」
男「それも許してないし!?」

いつものように突っ込み続ける日々
男はそれに疲れ始めていた…

男(平穏ある世界が欲しい…)

小さく、心の中で呟く
その切実な願いは叶う事は無い…

?(なら、こっちに着ますか?)
男「は?」

はずだった…


急に聞こえた声に男は辺りを見渡す
店、空、道路
隣に居る冷
どっかの男に告白しようとしている女の前で掃除を始めるバイト先の店長
酒屋の前で勝手に酒を奢ってるマスター
無口先生に追われてるF
ものすごい勢いで看板に文字を書いて客引きをしてる少女

男「うん、いつも通りだな」

空を見上げる
認めたくないものだが…これが彼の現実だった
とりあえず、先程の声の主らしき人影は無かった

?(え~っと…もう一度、聞きますけど来ますか?)

それでも聞こえてくる声
男は隣に立つ冷に視線を動かす

冷「……?どうした?」

当の本人は不思議そうに俺を見てくるだけ
つまり…

男「俺もC組の仲間入り!?」
冷「そうなのか?」

当然のように驚く男
転入したての冷もC組の噂はある程度、聞いた事があったので2歩程離れた

男「そんなわけあるかっ!!」
冷「ふむ…」

男は首を横に振って冷の言葉を否定する
手にした携帯で何処かにかけようとしていた冷は男の言葉携帯をしまう

男「くそっ…電波使いでも転入してくるのか!?」

男の呟きが空しく響く
ちなみに男が叫んでも町の皆様は笑顔で「あぁ、あいつか…」と見守ります

?(もうっ…面倒なので来てもらいますよ?)

可愛らしくそう言って声が何やら唱え始める
その呪文…?に男の中のシックスセンスが告げてくる
これは……酷い災難の前触れだ…と…

男「またか!?またなのか!?」
冷「いきなり煩い奴だな」

己の勘を信じて叫ぶ男
その横で煩そうに目を細める冷
遠くから聞こえて来る「ブーーーーーンっ」と言う声

そして…

?(呪文面倒ですッ!直接来てもらいます!)

空中より出てきた小さな腕が、男を掴んだ

男「な……にぃぃぃぃ!!」

まさかの事態に男は大声を上げる
いつも冷めてる冷も男の様子に目を僅かに見開いて驚いていた

冷「土産はいらないからな」

むしろ、見送っていた
男は思う…こんな理不尽良いのだろうか?
それに対する答えはあの学園で一週間過ごした時からわかっていた

男「良い訳……あるかぁぁっ!!」
冷「なっ!?」

当然の様に冷の腕を掴む
いきなりの事に滅多に驚かない冷ですら驚いた
そして…

冷「死なば諸共っ」
内藤「な、なんだお!?」

走り抜けようとしていた内藤の頭を掴む

?(お、重いですぅ…)

謎の声の力んだ声が男の耳に入った
もっと色々な物に掴んで居れば大丈夫なんじゃないか?
と、そんな考えが浮かぶ

男「内藤!!転入生!何かに掴まれ!」

自分の考えを信じて二人にそう告げる
冷と内藤は咄嗟に何かに掴む

?(手伝おう)

つもりが先程のとは違う声が聞こえると同時に男の腕を引っ張る力が強くなる

男達はちゅぽんっ…と空中に消えた

あとに残るのは…その様子を一部始終見ていた町の人達だけだった

男(痛っ…)

酷い痛みが頭に響く
男は痛みに耐えながら僅かに瞼を開き辺りを見まして見た

?「あわわっ!?クーさん、力強すぎですぅ!」
?「すまない、渡辺が大変そうだったのでな」

少し離れたところで二人の少女が何やら話していた
と、いうか…

男(渡辺さんと…クー…?)

ぼやける視界の中、なんとか目を凝らす

渡辺「だからって、召喚中に魔方陣に入ったらいけないんですぅっ!」
クー「ふむ、そうだったな…忘れていた」
渡辺「忘れちゃダメなんですぅぅぅっ!!」
男(なんだ…?)

何やら言い争ってるようだ
だが、それよりも疑問に思ったのは…
ぶかぶかのマントと帽子を身に付け、自身の倍は在る杖を手にする渡辺の姿と…
腰にレイピアを差し、鎧を身にまとったクーの姿だった

クー「とりあえず召喚は成功したのだろ?」
渡辺「いちおは…ですけど…」
クー「この3人が異人か、私は始めて見るが…うむ、良い男だ」

何やらこちらをジロジロ見てるクー
とりあえず、二人の服装の事は後にしよう…
そう思い立ち上がろうとする男
そこで漸く自分の状態に気付いた

男(…今まで気付かなかったのが……重いぞ…内藤、転入生)

男の上には二人の級友の姿があった
なんとか体を動かそうと動かしてみるが…

男(マテ、お前ら本当に寝てるのか!?)

内藤が足を…
冷が腕を押さえていた
どう考えても可笑しい状況…
何より…内藤のイチモツが段々と顔に迫ってきていた…

男「クー!渡辺さん!どっちでも良いから助けてくれっ!!」
クー「ん?」
渡辺「ふぇ!?」

恥も疲れも痛みも無視して男は二人に助けを求めた

男「助かった…」
クー「そんなに危険だったのか?」
渡辺「このぉ…人、重いぃですぅッ!」

男は襲い掛かる恐怖(内藤の(ry)からなんとか逃れる事が出来た
そんな男の隣で男の背を擦るクー
ちなみに渡辺さん?は内藤に潰されてる冷を引っ張り出してる途中であった

男「助かったぞ、クー」
クー「気にするな、困った時はお互い様だ」

男の感謝の言葉に小さく微笑むクー
男はふぅ…と小さくため息を吐くと…クーの体を見た

男(マテ、それだと俺がスケベェみたいに聞こえるじゃないか)

クーの体を見た

男(だからッ…)

クーの裸を見た…このすけべぇ~

男「上等だゴラァ!出て来い!!」
クー「どうした?いきなり怒鳴り声など出して…」

いきなり怒鳴り声を上げる男に困ったような顔をするクー
すけべぇ~はそんなクーを安心させよ………

男(それ以上言ったら…B組に処理を頼む)