|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

がちれずテクニック


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガチレズと学園メンバーのファーストコンタクト集
ヒートの場合
日曜日
ヒー「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば熱いハートを持っているってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲ったのだ。

レズ「や ら な い か」
ヒー「きゃああぁああああ! 変態ぃいいいいいいいいいい!」
レズ「変態じゃないですよ、ガチレズです。」
ヒー「は、早く隠せぇえええええ!」
レズ「いいじゃないてすか、さあこの双頭バイヴでお互いの処女をぶち抜き…」
ヒー「うわあああ、おとこぉおおおお!!!!」
レズ「ちっ、逃げましたか…まぁ、いいです次は逃がしませんよヒートさん」



守護者の場合
日曜日
女「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげればいつも誰かが守ってくれてる様な気がするってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レズ「や ら な い か」
女「きゃあ! 変態!」
レズ「変態じゃないですよ、ガチレズです。」
女「は、早く隠しなさいよ」
レズ「いいじゃないですか、さあこの双頭バイヴでお互いの処女を…うぐぅ」
守護者「変態が…」

女「あ、ありがとう、じゃあ私待ち合わせ行くから、本当にありがとね~」

守護者「…ちくしょう」



俺の場合
日曜日
俺「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している俺は高校に通う一般的な男の子。
強いて違うところをあげれば女顔ってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は俺の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レズ「や ら な い か」
俺「うはwwwwww痴女!」
レズ「何だ男でしたか。」
俺「なんだじゃない! 早く隠せ!」
レズ「当たり前です、貴方のような低俗な男に見せるためのものじゃないので」
俺(´;ω;`)



鮫子の場合
日曜日
鮫「はぁはぁ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子
強いて違うところをあげればよく人を噛むってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は俺の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ

レズ「やらな…ん?なんだ中古の非処女か、はいはい、行ってい」

鮫 「私がなんですって?…#」 がりがりがりがり

レズ「あがががががが…いだぃいだぃいだぃぃぃい…」



クーの場合
日曜日
クー「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子
強いて違うところをあげればよく氷の様な切れ味があるって所か
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ

レズ「や ら な い か」
クー「何をだ?」
レズ「そんな!私の口からはっきりと言わせるだなんて…それなんてプレイ?」
クー「何をそんなにくねくねしてるのかわからんが…道ばたで危ないぞ」
レズ「ぶっちゃけて言うと…性交渉?」
クー「同性間による性交渉は非生産的故に、私はあまりお勧めしないが」
レズ「いや、そんなどこぞの政治家みたいな事…はっ!そうね…私はある意味『性事家』かもね」
クー「おや、もうこんな時間か、それでは失礼するよ」
レズ「そして貴方は性の知識のあまりない…まさに『性児家』…あぁん!これって破壊的っ!!」

クー たったったったった…
レズ「って聞きなさいよっ!!」



脇谷さんの場合
日曜日
脇谷「はーはー」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子
強いて違うところをあげれば、あまり存在感が無いって事かナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。

レズ「…」 ふぅ
脇谷 たったったったった
レズ「…ふあぁ」

脇谷「む、無視しないでよっ!!!!!」
レズ「んお?ああ、すいません…気付かなくて」
脇谷「うぅぅぅぅう…」

レズ「えっと…や  ら  な  い  か  」
脇谷「うううううー!!!!」



日和の場合
日曜日
日和「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげればある男の子に付きまとってるってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レズ「や ら な い か」
日和「へんたいー」
レズ「幼女でしたか。」
日和「ようじょー」
レズ「未だ実らず、今は見逃しましょう」



貧嬢様の場合
日曜日
貧嬢「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば貧乏ってレベルじゃねーぞってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レ「や ら な い か」
貧嬢「いくらですか?」
レ「へ?」
貧嬢「いくらで私を買ってくれるんですか!?」
レ「い、いいの?」
貧嬢「は、はい!」
レ「……」
貧嬢「……」
レ「これで美味しいものでも食べなさい。」
貧嬢「こ、こんなに!?」
レ「私はかえるわ。愛のない行為は嫌ですから。」
妙に優しいガチレズであった。



火星人の場合
日曜日
火星人「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば地球人じゃないってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レ「や ら な い か」
火「あら、やりたいの?それじゃぁ…」
レ「ちょ、そんなに沢山触手入んn…アッー!!!!」
火「まだあるぞ、おらおらぁ」
レ「…敢えてお尻の処女だけ持ってくなんて…シクシク」



策略姉妹の場合
日曜日

策略姉妹「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私達は学園に通う一般的な姉妹。
強いて違うところをあげれば多少ずる賢いってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私達の見ている目の前でスカートを捲ったのだ。

レズ「や ら な い か」
妹「変態さんだー」
姉「シッ! 駄目よ下手なこと言ったら」
レズ「変態じゃないですよ、ガチレズです。」
妹「お姉ちゃん、レズって何?」
姉「あなたもその内わかるわ 行くわよ」
レズ「まぁ待ってくださいよ 見てくださいこの極太バイブを」
姉「(ウホッ いいバイブ)」
妹「何それ? すごくおおきいねー」
レズ「ウフフ 世界が広がりますよ」
姉「いいわ ちょっとだけね 妹ちゃんはここで待ってなさい」
妹「はーい…?」

姉「じゃあそれ私に貸して 先にやってあげる」
レズ「嬉しいこと言ってくれるじゃないですか、ではお言葉に甘えて…」
姉「今だッ!!逃げるわよ妹ちゃん!!」
妹「えと…見事無料で…なんかおっきな物をゲット!!」
姉「さすがは私たち!」
姉妹「策・略・姉・妹!!」
レズ「まっ待ちなさいっ!!」



誤解殺気の場合
日曜日
誤殺「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば殺気が半端ないってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レ「や ら な い k…サーセン(逃」
誤「?」



ミルナの場合
日曜日
ミルナ「(;゚д゚)」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげればこっちみんなー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レ「や ら な い か」
ミルナ「(゚д゚)」
レ「あの、その…」
ミルナ「(゚д゚)…」
レ「……」
ミルナ「( ゚д゚)…」
レ「こっちみて!!!」



軍師の場合
日曜日
軍師「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば高い智謀を持っているところでしょうか。
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていました。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲ったのです。
レズ「や ら な い か」
軍師「なっ、何なんですあなた!?」
レズ「ガチレズです」
軍師「きゃああああ!!助けてっ!」

ダッ

レズ「ふふふ、公衆トイレに逃げ込むか。袋の中の鼠とはまさにこの事」

ガチャ!

レズ「いない!逃げられた!?」
太田「ん?女子が何故男子トイレにいるのかな~?」
レズ「なっ!?ここは女子トイレよ!」
太田「でも外の表示は男子だったぞ」
レズ「なっ!?……まさかあの女が」
太田「……むむむ、この低く鈍い音はまさしくバイブの音!バイブを入れたまま男子トイレにいるとは、誘っているという事か!」
レズ「ま、まて、これはあの女の罠だ!」
太田「据え膳食わぬは男の恥!!」
レズ「きゃああっ!男はいやぁぁああっ!」
軍師「フフフ……」
レズ「き、貴様っ謀ったなアッー!」
太田「うひょひょひょひょ!!」
軍師「フハハハハハハ、見るがいい!全てが我が手の内よ!」



超ワル親父の場合
日曜日
超ワル親父「ウヒョヒョー」
今待ち合わせ場所にハーレーで全力疾走している私は一般的な超ワル親父。
強いて違うところをあげれば超ワルってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。


ワル「ウヒョヒョー!!揉み揉みだぜぇぇ!!!」
レ「助けてぇぇぇぇぇぇ!!!!」



くねくねの場合
日曜日
くね子「くねくね」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば私を見たら皆発狂しちゃうってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レ「や ら な い か」
くね「くねくね」
レ「……」
くね「くねくね」
レ「……」
くね「くねくね」
レ「くねくね」



内気魔王の場合
日曜日
内魔「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば魔王ってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レ「や ら な い か」
内魔「ふ…ふえぇ」バタン
レ「え、あ、ごめ、だ、大丈夫?」



優の場合
日曜日
優「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば人からよく優しいって言われるってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。
レ「や ら な い か」
優「いいよー」
レ「え」
優「うん」
レ「い、いただきまーす!」
数十分後
レ「参りました。もうイけません」
優「だめだよー。そんなんじゃイけないよー」
レ「え。まだやんですか」
優「だからこうやるんだよー」
レ「人のはnアッー!」



渡辺さんの場合
日曜日

渡辺さん「ふえぇ…」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげればよく物を無くすってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レ「や り ま す ね」

渡「あれれ~わたしの拒否権がないよ~?」



荒鷹さんの場合
日曜日
荒鷹「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば荒ぶる鷹ってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レ「や ら な い か」
荒「あ、あ、あ、
ヘ○ヘ
  |∧  荒ぶる鷹のポーズ!
 /

レ「水玉パンティハァハァ」



荘厳さんの場合
日曜日
荘厳「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげればなぜか皆に輝きの眼で見られることかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲ったのだ。

レズ「や ら な……」
荘厳「まあ……」 カッ!
レズ「なっ、この光はっ!眩しいっ!」
荘厳「あら、ど、どうかされたのですか」
レズ「ああっ!まさかアナタは神!神なのですねっ!?」
荘厳「え、あの、な、どうしたのですか?何で泣いてるんですか?」
レズ「神よ、私の罪をお赦しください……肉欲にまみれるばかりか、摂理に反し同性を愛してしまう、この業の深い私を憐れんで下さい……」
荘厳「ど、どうしましょう……おろおろ……あ、あの、どこかお体の具合でも悪いのですか?」
レズ「後光の眩しい方……いいえ、私は嬉しいのです、私は……私は……」
荘厳「あ、あの、ひ、膝貸しましょうか?」
レズ「ああ!罪を赦して下さるのみならず、私を新たな愛で包んで下さるのですねっ!」
荘厳「ど、どうぞ」
レズ「ああ……ああああ…………」


男「あいつら何やってんだ」
友「さあ?」



変態クールの場合
日曜日
変ク「はあっはあああああっビクビクッ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげればペニスだけじゃ物足りないことだろうか。
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲ったのだ。

レズ「や ら な い か」
変ク「何だお前は」
レズ「ガチレズです」
変ク「ふん、バイブ一本でガチレズを名乗るとは、笑わせる」
レズ「なっ、何ですって!?」
変ク「私を見てみろ」 バッ
レズ「な、前後二本!成程、ただ者じゃないわけね。しかしこれなら!」
変ク「むっ、ピンクローターを取り出すか!しかしまだまだっ!」
レズ「何を!とうっ!」
変ク「くっ、負けるかっ!」
レズ「やるわね、まだまだ!」
変ク「くっ!これからだっ!」


一時間後


レズ「はぁはぁ……あんたも中々ね」
変ク「フフッ、お前もな……」
男「公園を分泌物で汚すなよ………」



ゆうやの場合
日曜日
ゆうや「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している僕は高校に通う一般的な男の子。
強いて違うところをあげればつきまとわれてるってとこかナー
ふと見るとベンチに日和が座っていた。
突然日和は僕の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

日和「や ら な い か」
ゆうや「こら、誰に吹聴されたか知らないけど女の子がそんなことしちゃいけません。」
日和「だめ?」
ゆうや「駄目。」
日和「むー。」
ゆうや「ほら、カレー食べに行こうか」
日和「かれー♪」





レ「あれ?私は?」



シュールの場合
日曜日
シュー「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば米が好きってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レ「や ら な い か」
シュー「感じちゃうよ?」
レ「喜んで」
シュー「でも…心の準備が…」
レ「頑張って、痛くしないから」
シュー「ら、らめぇぇ!」
レ「えぇ、その調子だわ」
シュー「わ、私…」
レ「知ってる、ここもイイのよ」
シュー「よして、そんなとこ」
レ「こっちの口は嫌がってないわ」




友「あの2人楽しそうだな」
男「あぁ…しりとりなんかしちゃってるよ…」



ほぼ無反応の場合
日曜日
無反応「………」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげればとほぼ無反応なとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レズ「や ら な い か」
無反応「………」
レズ「え、あ、あのやりませんか?」
無反応「………」
レズ「………」
無反応「………」ワキワキ
レズ「え、そ、その指の動きは?なんで近付いて…アッー!!!!!!!!!!!!!!」



㍉子の場合
日曜日
㍉子「はあはあ」
今待ち合わせ場所に80キロの重りを背負って全力疾走している私は
高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば軍事に精通してる所かナー

ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲ったのだ。

レズ「や ら な……」

パァン!

㍉「獲物を前に舌なめずりは三流のすることだ」

レズ「 *1 ガクガクブルブル」



消失の場合
日曜日
消失「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげればいつの間にか消えてるってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レズ「や ら な あれ?消えてる 」



学の場合
日曜日
学「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば学習能力が半端ないってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レズ「や ら な い か」
学「うはwwwwwガチレズキタ――(゚∀゚)――」レズ「え、あのやりませんか?」
学「12時までに1000いったら百合うPwwwwww」
レズ「え、も、もういいです行って下さい。」
学「空気嫁」

今日はVIPPERを学習していた様です



てゅんデレの場合
日曜日
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげればよく噛む事かナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レ「や ら な い か」
て「きゃあ!!なによ!!」
レ「ガチレズです」
て「いゃあ…気持悪い!!」
レ「すぐ気持ちよくなるわ」
て「ちゅかよらないで!!」
レ「………ちゅ?」
て「あんたのつららいやらしいのよ!」
レ「つらら?」
て「あ…なによ…!笑うなー!!」


ツンドロの場合
日曜日

ツンドロ「はあはあ」
今万引きを済ませ全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば盗みが生活の一部になってる所かナー

ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲ったのだ。

レ「や ら な い か」
女「きゃっ! この変態…!」
レ「変態じゃないですよ、ガチレズです。」
女「は、早く隠しなさいよ」
レ「いいじゃないですか、さあこの双頭バイブでお互いの処女を…」
女「やめてっ!近寄らないでよっ!」ドンッ
レ「イタタ… 突き飛ばすことないのになぁ… あれ…バイブがない…」



ツンジョロの場合
日曜日
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげればよくおもらしするってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レ「や ら な い か」
ジ「ジョロジョロロロ…」
レ「アッー!!」
ジ「……うぇーん」
レ「ご…ごめん…。ほら…そこにトイレあるから一緒にいこ?」
ジ「………うん」



探偵の場合
日曜日
探偵「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば探偵ってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レズ「や ら な い か」
探偵「……」
レズ「あっ…ゆび…んんっ」
探偵「ペロ…これは!青酸カリ!!」
レズ「バーローwwwwwww」



阿部高和の場合
日曜日
阿部「はあはあ」
今公園のベンチに全力疾走している私はごく一般的な男性だ。
強いて違うところをあげればある男の子が好きってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レズ「や ら な い か」
阿部「また、キミのが早かったか、仕方ない外れの方のベンチにしよう」
レズ「あ、阿部さんでしたか、フフフ、今日も私の勝ちですね。」
阿部「あぁ、そうみたいだではお互い頑張ろうじゃないか」
レズ「はい、お互いに」



ガチレズの場合
日曜日
レズ「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば女の子が好きってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レズ「や ら な い か」
レズ「や り ま す」
レズ「アッ――!!!!」



マイケルの場合
日曜日

マイケル「ハアハア」

イマ待ち合わせ場所に全力疾走してイるボクは高校に通う一般的なオトコノコ。
強いて違うトコロをあげればヨク「ウザイ」って言われるとこかナー
フト見るとベンチに一人の若い女が座っていタ。



ようなキがしたけど特になにもナク待ち合わせ場所に着いたヨ!



内木の場合
日曜日
内木「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば男として学校に通ってるってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レズ「や ら な い か」
内木「え、ボクですか?なにをやるんですか?」
レズ「いいことですよ、ついて来て下さい(うはwwwwwボクっ娘)」
内木「す、すいませんボク、待ち合わせあるんで」
レズ「じゃあ夕方また寄ってってね」
内木「すいません、じゃあまた」

内木「…あの人噂のレズさんだよね…なんでボクが女だってわかったんだろう?」



ジョジョ否定の場合
「ジョジョ否定」

今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげればジョジョが好きだけど素直になれないとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レ「や ら な い か」
J「きゃあ!!変態!!変態じゃないです。ガチレズですとお前はゆう」
レ「変態じゃないですガチレズ… はっ!!」
J「このジョジョ否定!容赦せん!!」



魔法少女の場合
日曜日
魔小「はあはあ」
今意味も無く全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子っす♪
強いて違うところをあげれば魔法少女☆ってところっすよー♪
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていたっす☆
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたっすよ♪

レズ「や ら な…い や い い や」
魔小(´;ω;`)



ティウンデレの場合
日曜日
ティウンデレ「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は別の高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば消えやすいってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レ「や ら な い か」
テ「え、あ、あんた何なのy…」ティウンティウン
レ「…」



不幸の場合
日曜日

不幸「はぁはぁ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は普通の高校に通う一般的な女の子。
強いて違う所を上げればやたらと不幸に見舞われるってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然女は私の見ている目の前でスカートを捲り上げたのだ。

レ「や ら な い か…ってあなたどうしたのよそのケガは!」
不幸「ちょ、ちょっと車にひかれそうになっちゃって…転んだ時に」
レ「ちょっとじゃないわよ!今すぐ病院に行きなさい!」
不幸「ありがとう…でも、男君が待っててくれてるから。行か、なきゃ…」
レ「…………(ビリッ」
不幸「あ、あのっ?」
レ「(巻き巻き)……応急処置よ。あくまで一時的な物だから、ね」
不幸「…あ、ありがとうっ!」
レ「その代わり、後でしっかり病院に行く事。いい?」
不幸「うん!絶対このお礼はするねっ!」
レ「いいから、早く行きなさい?彼氏を待たせてるんでしょ?」
不幸「ありがと…また今度、会おうねっ(たったったっ)」
レ「ふふ…幸せになりなさいよ」



無口先生の場合
日曜日
無口「………」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女教師。
強いて違うところをあげれば無口でロリってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レズ「や ら な い か」
無口「………」
レズ(あ、まずい…先生だ…どうしよう)
無口「………」つ紙
レズ「え、なんでしょうか、この紙を読めばいいんですか?」
無口(コクコク)
レズ「なになに?『明日、放課後、教室にて』…」
無口(スタスタ)
レズ「それだけはいやぁあぁぁぁ!!!!!!」



脳内実況の場合
日曜日

脳内実況「はあはあ」
さぁ私は今待ち合わせ場所に向かい全力疾走しております。
申し送れましたわたくし高校に通う一般的な女の子、脳内実況。
他の人と違うところを強いてあげるとすれば古館ファンであると言う所でしょうかナー
その最中であります ふと見るとベンチに一人の若い女が座っているではないですか。
おや? スカートに手をかけたぞ…  そして…? まさか…?

イッたーーーー!!! スカート捲り始めたーーー!!!
信じられません!! 私の眼前で一足早く桜が咲き乱れております!!

レ「や ら な い か」

出たーーーーー!! や ら な い か ! や ら な い か が出ましたーー!!
これはわたくし自分の操の危機を感じつつも実況には熱が入る一方!
しかしここは身の安全のため一度何か言っておきたいと思います。

脳「いえ、その…私女ですよ?」
レ「大丈夫です 私ガチレズですので」

レズだーーーーーーーー!!レズだったーーーーーーーーーーー!!!
ガチレズとのファーストコンタクトォーーーーーーーーー!!!
バイブを持って近づいてくるーーーーー!!!私の貞操はどうなってしまうのかーーー!!



友「何でアイツ抵抗しないんだろ」
男「また実況に夢中になって抵抗することを忘れてるんだろ」



歌舞伎妹の場合
日曜日
歌舞伎「イョォォォオオオオオ!」
今稽古場に全力疾走している私は高校に通う一般的な歌舞伎役者。
強いて違うところをあげればイョォッ!ってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レズ「や ら な 
歌舞伎「あ絶景かな絶景かなあぁっ!!」ポンッ
犬「びょおーびょお!」



狂うの場合
日曜日
狂う「あはあは」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば狂ってるってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レ「や ら な い か」
狂う「え、殺っていいの?」ヒュン
レ「ちょ(ヒュン)、やめ(ヒュン)」



ツンバカの場合
日曜日
ツンバカ「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげればちょっとおばかさんってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レ「や ら な い か」
ツン「な、なによあんた!」
レ「嫌がっているつもりでも体は正直に・・・」
ツン「(ど、どうすればいいのよこの変態!)」
ツン「(そうだ、以前魔法少女から教わったあれで・・・)」
ツン「エタ・アナルホース・ブリザエース!!!!」
レ「なッ・・・尻に冷たい何かが!ああああ!尻が凍るッ・・・アッー!」

ツン「・・・どうでもいいけど道に迷ったわ」



肉食女子高生の場合
日曜日

肉食「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば主食が人肉ってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い美味しそうな女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レ「や ら な い か」
肉「えっ いいの?」
レ「ええもちろん あら、積極的ですね」
肉「じゃ、いっただっきまーす!」
レ「え?ちょっ…痛たたたた!!クリだけは!クリだけは!」



佐藤さんの場合
日曜日
佐藤「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげればある女の子が好きってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レズ「や ら な い か」
佐藤「………」
レズ「や ら な い か」
佐藤「………!!」
レズ「ブーーッ!!!!」
佐藤「渡辺さん…渡辺さん…」タッタッタ



ほぼ無反応の場合 その2
日曜日

ほぼ無反応「………」

えー今待ち合わせ場所に全力疾走しているこの子は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげればたまにしか反応しないってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていたみたいです。
すると突然その女はその子の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ!! (代役:ナレーターの上田さん)

レ「や ら な い か」
無「………」
レ「あ、あの…」
無「………」
レ「いいのかな?」
無「………」
レ「では失礼…」
無「………」
レ「やっぱりダメッ! 何か違う! 調子が狂うー!」


無「……怖かった」



タケルの場合
日曜日
タケル「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走しているボクは高校に通う一般的な男の子。
強いて違うところをあげればある女の子にいつも抱き付かれるってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

がし「や ら な い か」
タケル「はいはい、家帰ったらな」
がし「うん、じゃあ行こう?」がしっ



難聴の場合
日曜日
難聴「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば難聴ってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レズ「や ら な い か」
難聴「えっ?ご飯?」
レズ「ある意味ご飯ですね」
難聴「えっ?ご飯?」
レズ「ええ、ですからやりましょう?」
難聴「えっ?ご飯?」


以下エンドレス



鬱デレの場合
日曜日
鬱デレ「はあはあ」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば精神的に脆いってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲り始めたのだ。

レズ「や ら な い か」
鬱「…あなたもですか?」
レズ(コクリ
鬱「二人いれば十分ですよね
  あのトイレの中でしましょう」
レズ「おいおいそんなに簡単についてきちゃって――」
鬱「…今練炭しかありませんけどいいですよね?」
レズ「!!」



死体の場合
日曜日
死体「……」
今待ち合わせ場所に全力疾走している私は高校に通う一般的な女の子。
強いて違うところをあげれば死んでるってとこかナー
ふと見るとベンチに一人の若い女が座っていた。
突然その女は私の見ている目の前でスカートを捲ったのだ。

レ「や ら な……死んでる……」