|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

インタビュー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本部の闘牛組合の人に聞いたインタビューをめとめます。

  • 牛のクラスについて
牛のクラスは戦績で決まる
ローカルな大会では出場牛の中での戦績を参考にする、紅組、白組に分けるのは、白組の牛を挑戦者としているからである
クラスは上から順に、横綱、大関、関脇がありその下は4、5、6、7のように数字で決めていく三役の下は体重が大きい順、戦績順などできめるそうだ
全島大会などの大きな大会ではもともと決まった沖縄の横綱がいる
全島大会に出場する牛が6頭以上出場する大会は準全島大会と言える

  • 優勝について
優勝は基本的には横綱の勝負に勝った牛である

  • 賞金について
賞金は全部の牛に同じぐらい出される。

  • 開催資金について
開催資金は入場料からまかなわれる、入場料から何%ときまった値があるそうだ

  • 入場人数について
入場人数は全島大会などの大きな大会で5000人ぐらい

  • 牛の飼育について
闘牛のオーナーは牛の先生?見たいな人が成長した牛をつれてきて
オーナーの人はそな牛を育てるようです。餌代は月5000円と意外と安いのだが、牛を運動させる事が大変らしい

  • 牛の移送について
牛の移送料金は約5000円である、牛の専用車両で移送しないと牛が暴れてけがをして試合に出られなくなる事もあるらしい


更新履歴

取得中です。