|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

一回戦第二試合:3年D組ランダエタVS3年C組大門


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

荒鷹「第一回戦から波乱の展開となった新ジャンル学園武道会!
次の試合の始まりです!」

第二回戦
3年D組ランダエタVS3年C組大門

荒鷹「なんとも暑苦しい組み合わせですね鮫子さん!」

鮫「攻撃力とスピードは圧倒的にランダエタが勝っているわね
大門は防御力が高いけど苦戦は必至だと思うわ」

荒鷹「なるほどなるほど!
今度は知ったかにならないといいですね!
それでは第二回戦を開始したいと思います!」

鮫「…試合開始」

荒鷹「おおっとランダエタくんがパンチの猛ラッシュ!
大門くんはガードを固めてまったく動けません!」

鮫「ふむ…やはりこの展開になったわね
攻めるランダエタに守る大門、体力のなくなった方が負けるわね」

30分後―

荒鷹「攻撃の手をまったく休めないランダエタくん!
大門くんは時折反撃していますがほぼ防御のみです!
いい加減観客も飽々しています!」

鮫「そろそろ試合終了ね
このまま判定になりそうな予感がするわ」

荒鷹「おおっと!試合終了のゴングが鳴りました!
勝敗は判定に持ち込まれました!」

鮫「判定は武道会実行委員会の内藤ホライゾン、ツンデレ、友の三人です」


( ^ω^)「判定結果を発表するお
僕は…大門!」

ツン「ランダエタ」

友「大門!」


荒鷹「2対1でこの試合大門くんの勝利です!」

鮫「まあ予想はしていたけどね…」

ランダエタ「な、なぜだ!?
明らかに攻撃しつづけていた俺の勝利だろ!
やってられるか!謝罪と賠償をy」

大門「見苦しいでごわすよランダエタどん!」

ランダエタ「大門…」

大門「ランダエタどんの敗因はただ一つ
判定に金を渡さなかったことでごわす!」

ランダエタ「チクショー!!!」