|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

丘の上の木の下で


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 現在 PM:17:45 教室

ヴァル「鮫子」

教室で一人ぼうっと座ってる鮫子にヴァルキリーが話しかける

鮫子「うん」

鮫子は目線を向けずただ、外をぼうっと見ている

ヴァル「行かないのか?」
鮫子「ええ、少し疲れたみたいだから」
ヴァル「妹さんも居たぞ」
鮫子「そう」

やはり目線は動かない
ただ遠く霞を見つめるように焦点は合ってなかった

ヴァル「最初、メイド服を配ったときに耳打ちした時の内容」
鮫子「・・・」
ヴァル「あれは嘘だ」
鮫子「やっぱりね」
ヴァル「そうか」

夕日が赤く二人を染め上げる


  • 現在 PM:17:50 教室

ガタン
ヴァルが鮫子の前の席に座る、そして鮫子と同じ方向を見ながら喋りだした

ヴァル「鮫子が・・・メイド服握り締めてな、震えてる時。ちょうど私は彼からあるお願いをされていた」
鮫子「どんな?」
ヴァル「・・・」

鮫子は手元のお茶に手を伸ばし、少し口をつける

ヴァル「そしてそのお願いをどういった形で鮫子に伝えるか、考えていた」
鮫子「ぷはっ・・・ふぅ」
ヴァル「それとも伝えないべきか・・・とかな」
鮫子「言いなさい、ここまで言ったのなら」
ヴァル「・・・」

机を鮫子が思い切りばんと叩く、上に置かれてたお茶が少し揺れる

鮫子「・・・」
ヴァル「鮫子」
鮫子「何よ」

ヴァルの息を呑む音が聞こえる

ヴァル「彼はもう・・・死んだんだ」



  • 現在 PM:17:50 体育館

俺「くぁーー!!労働の後の一杯はうめぇなぁ!!」
看板娘 『おっさんくさいです、ただのファンタですよぅ』

体育館にての後夜祭
仲のいい気の合う連中で集まりまだまだ盛り上がる

俺「ふぅ・・・しかも結構儲かったんだろ?」

プロセスが伝票表片手に微笑む

プ「ええ、予想以上の利益でしたね」
軍「ふふ、まあことごとく私の作戦が当たったのは間違い無いが」
俺「うるせーよ」
軍「意外なのが、鮫子さんでした。こういうイベントは何時もやる気が無い印象でしたが」

ああ、という顔で皆うなずく
基本的に面倒くさがりのけだるい女というイメージなのか

鯱「おねえちゃむ・・・うごくのきらい」
日「あ、あはは」
俺「まあな、あの日下庇っての喧嘩なんて・・・鳥肌ものだぜ」
友「あ・・・ああ」
大門「鮫子はん、殴るときも撃つ時も、無表情でごわっさ」

男「そういや鮫子さんって彼氏さんとか居るの?」


  • 現在 PM:17:55 体育館

ヒ「ああ!?おとこおおおお!!さ、さめこのことがっ!」
男「ちちち、違うって!ただそういう話聞かないなって思って」
ク「そういえば・・・あまり色恋の話には乗ってこないな」
ツン「まあ冷めちゃってるのかなぁ・・・結構モテそうだけどね」

ツンバカ「あ・・・あはは、はは」

鯱子は相変わらず黙々とアイスをむさぼっている
ふと誰かが鯱子に声をかける

日「鯱子ちゃん?アイス美味しい?」
鯱 こく
俺「んあ?鮫子姉ちゃん、彼氏さんとか連れてきたりする?鯱子ちゃん」

鯱子は俺君に軽く目線を向け、またアイスに集中する

友「ま・・・まあ個人のプライバシーだぜ!なぁ!」
ツンバカ「そそそそそ・・・そうよぅ!ダメだよ!そんなの聞いたら!!」
俺「んーま、そうだな、ごめんなしゃちk」

鯱「おかあさむが、いってた。さめこおねえちゃむのこいびとは、おほしたまになったって」


  • 現在 PM:18:00 体育館

俺「-------え?」
男「お星様って?」

シーンと水をうったように静かになった
鯱子の言う事をただ単純に受け止めたら、鮫子の大切な人の、死

ツンバカ「しゃ・・・鯱子ちゃん!!アイス!!取りに行こうよ!」
友「あちゃあ。」

ヒー子とクー子も声が出ない

向こうの騒がしさが耳に映える
ホム「角材ドーン!!」
ホム「乾杯ドーン!!」

鯱子が席を外した事を確認すると友が俯き加減で話し始める

友「友達だったんだよ、鮫子の彼氏とは」
日「あ・・・」
友「二年の時にな、同じクラスだったんだよ、鮫子と・・・その彼氏とオレは
  そしてちょうど一年くらい前か?事故で・・・亡くなったんだわ」


  • 現在 PM:18:00 教室

鮫子「そう」
ヴァル「時間が無いのだ、彼には」
鮫子「それで、貴方に?」

ヴァルは俯きながら目を閉じる、おそらく肯定だろう

鮫子「一発、ぶん殴らないと気がすまないわね・・・」
ヴァル「彼をか?」
鮫子「あんたもよ」
ヴァル「な!?」

がす

鮫子「さすが神人、頑丈ね」
ヴァル「ぐ・・お・・・ぉ」
鮫子「ごめんね、でも黙ってた罰よ」
ヴァル「ぬううう・・・しかし」
鮫子「今すぐ、彼の所に行くわ」
ヴァル「・・・」

小高い丘の上の一本の木
ここに彼はいる


  • 現在 PM:18:10 教室

友「鮫子の彼氏、去年校門からすぐの角で事故あったろ?あいつだよ」
男「覚えてる・・・全体集会で黙祷したよな」
俺「あ・・・話したこと無いけど・・・顔は知ってるな」

友「元々クラスには内緒っつーか・・・あんまりこういうの喋るタイプじゃ無かったしなお互い」
友「ただ何時も放課後は、あの丘の上の木の下で待ち合わせしてたな」

看板娘(あの夜の・・・場所)

ca、メイドのきっかけとなる光る丘の上の鮫子。あの場所が彼との待ち合わせ場所

ツンバカ「鮫子、葬式でも泣いてなかったもんね・・・誰も気付かなかったよ」
ふと横にツンバカが立っていた

ツンバカ「鯱子ちゃんは日下さんが面倒見てるよ、こっちには来ないから」

友「あー確かに・・・異常な程・・・気丈だった」

ツンバカ「だからこの事は知ってる人・・・あまり居ないの、だから」

皆、暗く少し俯くようにうなずいた



  • 現在 PM:18:15 廊下

ヴァル「鮫子。行かないほうがいい!彼を天に帰すんだ!!」
鮫子「帰るがいいわ、だけどね一発だけは殴るの」
ヴァル「鮫子!!」

ヴァルの手が鮫子の肩を掴む
背中越しの為表情を読み取れなかったが、彼女の肩は少し震えていた

鮫子「最後だけ・・・おねがい・・・まだ話足りない、一杯あったのよ」
ヴァル「鮫子・・・」
鮫子「でも私は口下手だから・・・いつも素直じゃないし、短気だし・・・」
ヴァル「後悔させたくないんだ!!君は・・・まだ生きている」
鮫子「何も伝えてないの!ヒー子みたいに素直に自分の思いを吐き出せたらどんなに幸せか!!」
鮫子「クーみたいに・・・まっすぐ目を見据えて・・・一杯あるの・・・話したいことが沢山あるの・・・」

ヴァル「彼の望みは!!鮫子!君が彼の事を忘れて・・・幸せを掴む事だったんだぞ・・・」

鮫子はヴァルの方へ体を向ける、鮫子は泣いていた。
ただそこには気丈な女の顔があった

鮫子「私は、それでも背負うの。初恋だもの」
ヴァル「鮫子・・・」
鮫子「後悔するでしょうね・・・何時か、でも伝えないまま別れるのだけは・・・許せない」
ヴァル「・・・わかった」


  • 現在 PM:18:20 廊下~丘の上の木

ヴァル「だが彼の力も弱まってる、私が一緒じゃないともはや普通の人間には認識すら出来ない」

鮫子「そう・・・」

ヴァル「後は・・・彼と話してくれ・・・行くぞ!!」
そういうとヴァルは鮫子を掴み空へと舞う、大きな羽を広げ一気に丘の上に到着する

鮫子「ありがとう・・・ヴァル姐」
鮫子は木を優しく撫でる

ヴァル「・・・正直、会わせたくない。鮫子・・・まだ」
鮫子「会わせて」
ヴァル「・・・」
そう鮫子が呟くとヴァルの体が光りだす、ヴァルの姿が認識できないくらいに

鮫子「居る・・・の?」

ひょっこり木の後ろから彼の姿。しかしその姿は、今までの姿とは違い、血だらけの姿だった
彼「すまんなぁ・・・もう隠せないくらい・・・力無いんだわ」
鮫子「馬鹿・・・殴れないじゃない・・・これじゃ」
そう言うと鮫子は彼の頬を優しく撫でるのだった


  • 現在 PM:18:30 丘の上の木の下

一年前、一人の青年が道に飛び出した子供を助け事故にあい命を落とした

その時の姿だろうか?彼の姿は白い制服は真っ赤に染め上がり
顔には大きな擦り傷、首筋に大きなあざがあった

鮫子「ねぇ・・・痛くないの?」
彼「はは・・・つか感覚自体あまり無いな・・・困ったのう」
鮫子「・・・」
彼「ん?」
鮫子「じゃあ一発殴るわ」

彼「ちょ!ま」 がすん

ヴァル「うげ・・・」

鮫子のグーパンチが彼の脳天を直撃する

彼「うおおお・・・ぉ・・・感覚が鈍い筈なのに痛い」

鮫子「この馬鹿・・・一週間前に会った時は・・・そんなそぶりも見せないで」

彼「は・・・はは」

 -------------- 一週間前~回想~