|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

事の発端、いんざ昼休み


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昼休み

がし「ねぇ、ぎーちゃん」
銀「何?」
がし「ぎーちゃんって、好きな人いるのかい?」
銀「……」

男「飯飯ー。今日の飯は?」
俺「クサヤ」
友「くせぇよ」
ユウヤ「ほら、日和。ご飯こぼしてる」
日和「うまうま」
ヒート「男おおおぉぉぉ!私のからあげを喰えええぇぇぇ!」
誤殺(……皆と一緒に食べたいなぁ)
B「……なんか殺気がする?」
渡辺「あれれー?私のお弁当がないよー?」
佐藤「……私のを半分上げるわ」
優「私のもあげるよー」

がし「おやおや、誰か気になる人でもいるのかい?」
銀「別に。そんなんじゃないわ。ただ五月蝿いと思っただけ」
がし「ふぅん?」
銀「……何よ」
がし「別にぃ」
銀「ふん。あんたも早く食べちゃいなさい」
がし「へいへいほー」


ぱくぱくもぐもぐ

がし「……ぎーちゃん」
銀「黙って食べなさいよ」
がし「うん。でもねー、さっきからあっちをじろじろ見てるから気になって」
銀「ほんと。五月蝿い連中よね」
がし「混ざりたいの?」
銀「まさか。私は静かなのが好き」
がし「ふぅん?」
銀「……本当よ」
がし「何も言ってないさね」
銀「……わたs」
俺「なぁー」
がし「おや、どうしたいオレンジ」
俺「……変な渾名をつけるな」
銀「……くさい」
俺「甘くさい?それともクサヤ?」
がし「確実にクサヤさね」
銀「何?」
俺「いや、いつもの事だがあそこが戦場と化したので避難をば」
銀「勝手にすれば?」
がし「難民は受け入れるさね」
俺「さんくー」

クー「さあ、私の愛情詰まったコロッケを食べるんだ」
ヒー「わ、わ、わ、私のおおおぉぉ」
シュー「米食え米」
渡辺「また私のお弁当がないよー?」


銀「ねえ」
俺「何」
銀「馬鹿?」
俺「自覚はしてる」
銀「お弁当にそんなの持ってくる?普通」
がし「この間は納豆カレーだったさね」
銀「馬鹿ね」
俺「馬鹿だね」
がし「馬鹿さね」
俺「そうかもね」
銀「そうよ」

男「ドロ、渡辺さんのお弁当返してやれ」
ドロ「へ、へふにわはひははいはひょ」
B「口に物を詰め込みながら言うセリフじゃないよな」
誤殺(……皆のお弁当、美味しそう)
友「……めっちゃ睨まれてね?」
シュー「うちらが五月蝿いんじゃね?」
ツンヒート「べ、別に男に食べてもらいたいなんて思ってないんだからねええええぇぇぇ!」

一同「誰だ!」


銀「ねえ」
俺「何さね」
がし「私のセリフとっちゃいやさね」
銀「あなたってなんでそんなに綺麗な顔してるの?」
俺「……」
がし「クサヤのしっぽがはみ出してる人に言うセリフかな?」
銀「非難してる訳じゃないわ。ただ疑問に思っただけ」
俺「そんなの俺が知りたいわ」
銀「そう?」
俺「そう」
銀「ふぅん?」
俺「ふぅん」

不幸「私のお弁当が……」
バカ「あれ?私さっきお弁当食べてなかったかしら?」
男「返してやれよ」
バカ「まあ食べちゃいましょう」
不幸「うわああぁぁん!」
ダン「~♪」
シュー「おやおやダンボールちゃん。美味しそうなお弁当です事」
友「見えるの?ねぇ、見えるの?」
ツンクール「別に男に食べてもらいたいなんて微塵も思ってない」
男「ただの嫌な奴じゃん!てゆーか誰!」
鮫「どいつもこいつも五月蝿い……」
低「ねーむーぃ……Zzz」


銀「ねえ」
俺「んだよ、さっきから」
がし「おやおや、今日のぎーちゃんは良く喋るさね」
銀「なんでこっちに来たの?」
俺「安寧を求めて」
銀「嘘吐き」
俺「あひゃ」

狂「男くぅん、この肉?食べて」
男「なんだその疑問符が後ろに付いた肉は」
アホ「ピノッ!ピノ!今日のお弁当はピノだよぉ~!……ってあれ?溶けてるぅ!なんで!」
囚「あの……私のご飯……」
看「ん?ああ、すまんすまん。ご飯(充電)の時間だったな」
囚「なんか今、ご飯の後ろに括弧でなにか不穏なものg(ガコン)アッー!」


鮫「それにしても、このクラスは毎度五月蝿いわね」
銀「通夜みたいに静かなのよりはいいわ」
低「ごーはーん……Zzz」
鮫「……ところで」
俺「んぅ?」
鮫「くさい」
俺「うん、知ってる」
がし「クサヤなんか持って来るもんじゃないさね」
銀「……さっきからあんたの『さね』はなんなの?」
がし「うふふふふ。新しい語尾でキャラを確立するのさね」

ヴァ「シュー殿、これはなんだ?」
シュー「ヒョギフ大統領のエヒフ」
ツン素直「べ、別にあんたにお弁当食べてもらいたいんだからねっ!」
男「だからさっきから誰が……」
学「メカジャナイロボメカジャナイロボ……(ガクガクブルブル)」
男「学ーッ!学びすぎて混ざったのかーッ!」
シュー「それはオオグンタマという天然記念物の卵」
ヴァ「ふむ、珍味だな」
友「ただのゆで卵じゃん……」


鮫「ほら、日下もこっちで食べなさい」
俺「はもはも」
日下「……///」
がし「何照れてるさね」
俺(明日の昼飯はするめにするかな……)
銀「ねえ、あなた」
俺「はひ」
銀「この集団に居ても違和感ないわね」
俺「……がびん」

シュー「この米は、昨日米が食べられなかった人が食べたいと願った米である」
バカ「……くっ、泣ける話ね」
美容師「ちょwwww何処が無くポイントっすかwwwww」
葬男「おーい、寝てないで飯でも……」
死「……」
生徒会長「し、死んでる……」

男「お前等帰れ!」