|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

とらいん07


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あらすじ

誤解殺気・ショタ・不良の三人のお話

悲しいすれ違いの誤解殺気と不良とショタ

勇気の無いショタ
ちびっ子のショタ
漏らしッ子のショタ

今こそ勇気を持って立ち上がれショタ

そしてショタ

拳がぷるぷると震えるショタ
きっと何か違う、何かがおかしい

だって、誤解殺気さんが不良君にあんな顔中沢山の傷つけたなら
誤解殺気さんも絆創膏なんて、渡さないもの

足ががくがく震える
お互いに・・・いや、睨んで居るのは不良だけ
誤解殺気さんは、悲しそうな顔で不良さんを見つめている
その表情を見た瞬間、ショタは立ち上がった!!

行け!僕の勇気!!振り絞れ!!今こそこう言うんだ!
誤解殺気さんに謝れ!と、よし行くぞっ!!がたん!

ショタ 「ごっごごごg誤解ささささ------」
女A  「あのね・・・少し落ち着きなさい」
不良 「・・・けっ!」
誤解 「あの・・・その」
不良 「・・・帰る・・・で、何見てるんだ・・・?チビ」

ショタ 「ひぐぅ!?ごっごごごごご・・・誤解殺気さんにあばばばばば!!!」
膀胱が爆発した

そして不良

後ろのチビをじっと見つめる
何時もおどおどしてて気持ちが悪い、つか男か?

不良 「で?・・・何見てるんだ・・・チビ」

何を股間もぞもぞしてるんだ?このチビ
チビは伏せ目がちに何かをぶつぶつ言う

ショタ 「ご・・・っごごご・・・誤解殺気ささささ・・・さんに謝って・・・」
不良  「・・・」
ショタ 「その・・・不良君もそんな悪い奴じゃ無」

ごすん
思い切りこのチビにげんこつをかましておく

ショタ 「ひぎぅ!」
カッコいい奴だな、こいつは
チラチラ陰口叩く奴よりずっといい、お前にやるよ馬鹿チビ

不良 「後は勝手にしろチビ、俺は帰る」
女B  「だ・・・何してんのよ!!この不良!!」
女A  「・・・やめなさい」
誤解 「あ・・・そんな・・・」

振り返らず教室を出る、教師に会わなきゃいいなぁ

そして誤解殺気

とりあえず殴られた・・・この子の元に駆け寄る
誤殺 「あの・・・だい・・・じょうぶ?」
頭抱えてうんうん唸ってる、とりあえずそっと撫でよう

さわさわ
何かビクビクゥ!ってしたけど・・・何か匂うな・・・
女B 「先生呼ぼうよぉ!!」
誤殺 「え・・・それは」
女B 「ひいっ!!ごごごっごごごめんなさい!!小銭しか無いy・・・ああっ!!財布も無い!!」
誤殺 「ちょ、その違」

すると男の子はぶるぶると立ち上がり、こちらを見てニコっとした
良かった・・・あんまり大きな怪我してないみたい

ショタ 「あの・・・大丈夫?」
誤殺  「え・・・うん、そっちは大丈夫?」
ショタ 「ぐりと・・・ぐら面白かった?」
誤殺  「あ・・・うん!凄い・・・良かったよ!」

世界が広がっていく

誤殺 「あの・・・そう言えば名前、聞いて」
ショタ 「あ!そそそっそその・・・ボクは『ウエックス』って」
誤殺 「うえ・・・っくす」

そしてまた不良

顔もその他も色々痛い
とりあえずバイクの置いてある古いアパートの前
不良 「はぁ・・・」

とりあえず俺は馬鹿だ、もの凄い馬鹿だ、友が聞いたら腹抱えて大爆笑だな
何かムカつくから後で殴ろう

女A 「ちょっと・・・待ちなさいよ」 不意に後ろから声を掛けられる
不良 「んあ・・・何?」
女A  「どういうつもりなのかしら・・・あんな馬鹿みたいな事」
不良 「殴った事か?」
女A  「その前よ・・・なんで冷たくしたのかなって」
不良 「・・・お前は」
女A  「・・・何よ」
不良 「仲良くしてやってくれねぇか?あの目つきの悪い女と」
女A  「はぁ!?」
不良 「早く教室戻れよ、馬鹿女」 どるんどっどっどっどっど
女A  「馬鹿な事言わな!きゃっ」

クラスメイトの横をバイクで通り抜ける
ったく、気持ちの悪い奴だ俺は